HOME > 知る > 【コラム】冷房病の対策と予防

【コラム】冷房病の対策と予防

冷房病とは?



冷房病という病名は医学的には存在しませんが、冷房が強く効いている場所に長時間いた後に30℃を超すような外気温にさらされる、ということを繰り返したときに起こる体調不良をいいます。身体の冷え、むくみ、疲労感、肩こり、頭痛、神経痛、腰痛、食欲不振、便秘、下痢、頻尿、不眠、鼻炎、月経不順などさまざまな症状がみられます。

 

冷房病はなぜ起こるのでしょうか?

人間の体温は常に一定に保たれていて、暑い季節には汗をかき気化熱によって体温を下げ、体表面の血管を拡張させ熱を発散させます。ところが一日中冷房の中にいると体が冷えるため、体表面の血管を収縮させ熱が奪われないようにし、汗もかかないようにします。血管と汗腺に働きかけ体温を調節しているのは自律神経ですが、人間は5℃以上の急激な気温変化に対応できないといわれています。しかし激しい気温の変化が繰り返されると、交感神経、副交感神経といった自律神経がダメージを受け、体温調節がうまくできなくなってしまいます。自律神経は血流だけでなく、胃腸の働きや、ホルモン分泌の調節などの全身の調節機能を担っているため、自律神経に不調におこると全身に症状が見られるようになります。
夏の冷房病と軽く考えていると、自律神経の働きが慢性的に低下し、ちょっとした寒さにも敏感に反応するようになり、一年中「冷え性」に悩まされることになりかねないので注意が必要です。

 

冷房と「冷え性」


慢性的な「冷え性」があると冷房により症状が悪化します。「冷え性」は大事な脳や内臓の体温を維持するために、気温が下がると身体の外側の血管が収縮し冷えを感じる状態です。「冷え性」はさまざまな身体の不調の原因になります。手足が冷えたり、身体が冷えたりするのが「冷え性」と考えやすいのですが、 内蔵型という「冷え性」もあります。手足が温かい為、自分の身体の冷えに気付かず、悪化させてしまう事があります。交感神経の働きが弱いため、逆に手足の血管を収縮させないため、内臓に血液が集まらず、内蔵の機能が低下するといわれています。お腹が冷たく、下痢、便秘なとの胃腸障害をおこしやすい人、膀胱炎をおこしやすい人は疑ってみる必要がありそうです。

冷房病はどのように対処したらよいでしょうか?



① 皮膚に直接冷気をあてないようにする。カーディガン、靴下、スカーフ、腹巻などの衣服で調節する腹部を温めると全身の温度も上がりやすい。
② 軽い運動を心がける血行を良くし、熱を作り出す筋肉を適度に強化する。
③ 外気との温度差を5℃以内にする。25-28℃が良く、外気温より3~4℃低い温度設定をする。
④ 生活のリズム改善。生活のリズムと身体のリズムが崩れてくると自律神経のバランスが崩れやすくなる。
⑤ ゆっくり入浴する。自律神経のバランスを整え、体温を上げる。
⑥ 身体をあたためるものを食べる。アイスクリーム、清涼飲料水、スイカ、そうめん(陰性食品)などは控え、たんぱく質やミネラル豊富な食品(陽性食品)を摂る。
陰性食品;夏に獲れる食品、暖かい土地で獲れる食品が多い。
陽性食品:冬に獲れる食品、寒い土地で獲れる食品が多い。
⑦ 寝るときに身体を冷やさない。
 

取材協力


仙台オープン病院
副院長兼呼吸器内科部長兼総合サポートセンター長
進藤 百合子