HOME > 食べる > 絶品!冷たい白石温麺レシピ

絶品!冷たい白石温麺レシピ

暑い夏の日に食べたくなるのは、ツルツルっとした冷たい麺。
そんな時には宮城の名産「白石温麺」はいかがですか?
今回は、はたけなか製麺の日下さんに、夏にピッタリの麺レシピをお聞きしました。

バジルの香り広がる「冷製トマト温麺」



生のバジルペーストを練り込まれた「バジル温麺」。一口食べると、バジルの清々しい香りが口の中に広がります。トマトとの相性もバッチリ。

<材料(4人前)>
・バジル温麺 80g×4束
・コンソメ顆粒 約9g(スープ4人前500ml)
・トマト 2個
・イタリアンパセリ、ブロックチーズ適宜

<作り方>
①トマトを細く刻みます。
②少し濃いコンソメスープを作り塩コショウで味を調え①を入れて冷蔵庫で冷やしておきます。
③バジル温麺をゆでて冷水で洗い水気を切ります。
④器にバジル温麺を盛り、冷やしておいたスープをかけお好みでパセリ、細く刻んだチーズをちらして出来上がり!
 

塩分ゼロ!「トマトのピリ辛温麺」




はたけなか製麺が東北大学と共同開発した「無塩温麺」。塩を一切使用しておらず、コシのあるつるっとした食感が特徴です。塩分の気になる方におすすめの温麺です。
ピリ辛なので、暑い夏にもってこいのメニューですね♪

<材料(2人分)>
・無塩温麺 2束
・トマト(大) 2個
・ツナ缶(汁ごと使います) 1缶
・めんつゆ 50ml
・しょうゆ 小さじ1
・砂糖 小さじ1
・豆板醤 小さじ1
・酢 大さじ2
・ラー油 お好みで

<作り方>
①無塩温麺を4分30秒茹でてザルにとり、冷水でよくもみ洗いして、よく水気を切っておきます。トマトは1cm程度のざく切りにしておきましょう。
②ツナ缶、めんつゆ、しょうゆ、砂糖、豆板醤、酢、ラー油を加えて器に盛り、トマトをトッピングしたら完成!お好みでラー油をかけてお召し上がりください。

 

ずんだのたれがやみつきになる!?「3色だれで食べる冷やし温麺」




伝承400年の歴史を持った「白石手延べ温麺」を、ずんだたれ、ゴマだれ、めんつゆで召し上がれ。宮城名物のずんだたれは、ずんだもち同様にやみつきになっちゃう味です。

<材料・作り方(4人分)>
☆ずんだたれ
・枝豆(塩ゆで) 200g
・豆乳 80~100ml
・みりん 大さじ2
・砂糖 大さじ1
・塩ひとつまみ
①枝豆はさやから出して薄皮をむき、フードプロセッサーを20~30秒回す。
②①に他の材料をすべて加えて、フードプロセッサーを20~30秒回す。

☆ゴマだれ
・黒ゴマ 60g
・めんつゆ(2倍希釈) 80~100ml
・水 160~200ml
・砂糖 大さじ2
①黒ゴマをフライパン等に入れて軽く炒る。
②①のゴマをすり鉢に入れて油分が出るまでする。
③②に砂糖を加えてすり、めんつゆを少しずつ加えてすり合わせる。
④③に水を少しずつ加えてお好みの濃さに伸ばす。

☆めんつゆ2倍希釈
・めんつゆ 150ml
・水 150ml
・小ねぎ 1本
①お好みのめんつゆを表示通り希釈する。
②薬味の小ねぎを刻み、①に加える。
※薬味が小ねぎのほか、しょうがのすりおろし、わさびなどお好みのものをどうぞ。


小鍋ひとつでパパっと茹でられる温麺は、アレンジいろいろ!
自分好みのアレンジを見つけてみるのもいいかもしれませんよ♪

【ビズプロ編集部】

 

取材協力

はたけなか製麺株式会社
住所:白石市大手町4番11号
TEL:0224-25-0111(代表)
URL:http://www.hatakenaka.jp

 

この記事のタグ