HOME > 学ぶ > パリコレ経験者が伝授!美しい歩き方

パリコレ経験者が伝授!美しい歩き方



あなたの周りにもいませんか?
「あっ、あの人姿勢きれい!」「歩き方かっこいい」そんな風に呼ばれる人が。歩き方が美しいと、自然と服装もオシャレに見えますよね。うらやましいと思ったそこのあなた!今年の秋は、美しい歩き方を手に入れて一躍注目の的になりましょう!
今回は、パリコレにも出場したモデルの小暁さんに教えてもらいました!

まずは美姿勢を!

深呼吸を繰り返しながら立ち姿を美しく整えます。体全体をスムーズに動かして美しくしなやかに歩くための基本は姿勢です。

①頭のてっぺんから地面まで、まっすぐ体を貫く揺るがない軸をイメージし、 ぐらぐらしないように脚の親指側(内側)に重心を置きます。
②頭頂部を天井から糸で吊り下げられている感覚で立ちます。
③視線をまっすぐ前に向け、顎を少し引きます。
④深呼吸をして胸を開き肩甲骨をよせ肩を開き、腕はまっすぐ下ろします。
⑤骨盤を立ててお腹とお尻はきゅっと引き締めて。
⑥膝小僧はまっすぐ前を向くように。
⑦かかとを付けて、つま先はこぶしひとつ分開きます。
<美姿勢簡単チェック!>
壁に後頭部・肩甲骨・お尻・かかとが全てつくようにまっすぐ立ちます。

はじめの一歩が大切!

美姿勢をキープしながら腰から歩き出します。

①前のめりになったり、上下左右に揺れすぎたりしないように軸をキープ。
②視線は前方、少し遠くを見るように、あごは軽く引く。
③前足の着地・後ろ足の踏み込み時のひざはしっかりのばすこと。
④着地は基本的にかかとから、踏み込みは親指側(内側)に重心をかけて。
⑤ひざをしっかり伸ばすことによって、歩幅はひろくなります。
⑥腕の振りも大切、しっかり動かしましょう。特に後方へ多めに引くように振るとエレガントな歩き方になります。

見られている意識を持ちましょう!

自分がどんな姿勢でどんな風に歩いているか、街角のショーウインドウなどに映る姿をチェックしてみるのも大切です。また、美姿勢をとることに慣れないうちは力みすぎて呼吸を止めがちです。動きも表情もぎこちなくなってしまうので注意しましょう。

日本人女性に多い間違った歩き方

ぴょこぴょこ・ゆらゆら歩きの女性が多いです。女性に限らず、体が内に入ってしまっている方をよく見かけます。
うつむきがち、ストレートネック、猫背の人は、上半身を引き上げられずに腹部がたるみ、骨盤がパンダの座り姿の様にねてしまいます。そうすると、着地・踏み込みともに膝が曲がった状態ですり足気味になり、歩幅も極端に狭くなります。
結果、上下にぴょこぴょこ、内股で左右にゆらゆらとした歩き方になってしまうのです。加えて腕を振りも小さいため颯爽とした印象にはならないですね。

いかがでしたか?自分の意識をちょっと変えるだけで、世界が変わってくる感じがしませんか?オシャレな秋だからこそ、今年は美姿勢を意識して過ごしてみましょう!

【ビズプロ編集部】

取材協力

小暁(こあき)
所属:株式会社ファッションスタジオ
住所:仙台市青葉区五橋1-4-24ライオンズビル五橋503
TEL:022-266-7407
URL:http://www.fashion-studio.co.jp/