HOME > 学ぶ > 【第2回】あなたのコミュニケーション力は大丈夫?「コミュニケーション検定」の活用事例を紹介!

【第2回】あなたのコミュニケーション力は大丈夫?「コミュニケーション検定」の活用事例を紹介!

私たちは日々、第3者と常にコミュニケーションをとりながら生活を送っています。
そのコミュニケーションというのも、ネットの普及に伴い、手段や方法が様変わりしていますよね。手軽に人とコンタクトを取れる反面、それによる弊害もニュースで見る機会も増えました。
また、「上司、同僚とうまく意思疎通が取れない」「自分が考えていることをうまく他人に伝えられない」…などなど、現実での対人関係の悩みを抱えている方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。

マナーについて学んでも、コミュニケーションってなかなか学ぶ機会が少ないもの。
今回、ビズプロ編集部ではコミュニケーションについて学ぶ検定「コミュニケーション検定」に注目!一体どんな事が学べるのか?資格を取得するとどんなメリットがあるのか?検定を主催する株式会社サーティファイさんにお聞きしました。

【第1回記事はこちら】
 

コミュニケーション検定活用事例


 
コミュニケーション検定は、どのように役立てることができるのでしょうか?
活用事例をいくつかご紹介します。

○就職・転職活動をしている方
「ビジネスマナー習得のアピールに!」
就職・転職には必ずといっていいほど設けられている面接試験。
ここで完璧なマナーと、簡潔な自己PRや志望動機を述べることができれば、あなたの評価はぐっと上がります。
コミュニケーション検定の上級では、面接試験を設けて、面接時のあなたの本当の力を測定します。

◆面接試験出題範囲はコチラから
http://www.sikaku.gr.jp/c/nc/exam/range/2/

知識として得たものを、生のコミュニケーションに活かすというつながりが生まれます。
就職・転職活動をしている方、コミュニケーション検定上級に挑んでみてください。

◆コミュニケーション検定上級の知識問題にチャレンジ!
https://www.kenteisiken.com/?_ga=1.148572799.996514788.1473922842
※サーティファイ模擬試験サイト「模擬検」
 

○企業に所属している方
特に、人事担当の方におすすめしたいのが「新入社員研修」としてコミュニケーション検定初級を活用することだそうです。入社したての新入社員の方に対して行う教育は重要なもの。しかし、手間をかけている時間もない。けれども、基本的なビジネスマナーを学習してきているか確認したい…!という希望はたくさん出てくるかと思います。

そんなときには、資格習得を目標に、「コミュニケーション検定公式ガイドブック&問題集」を使って、新入社員の方に個人学習を推奨してみてください。

◆公式ガイドブック&問題集の案内はコチラ
https://bookshop.wenet.co.jp/products/detail.php?product_id=196&category%20id=113
※販売会社の株式会社ウイネットのページに飛びます。

公式ガイドブック&問題集は、テキストとしての要素と、問題練習の要素がひとつになっているので、個人で学習する上で使いやすい教材になっています。

また、企業や団体で受験をしたい!と考えている場合は、「団体受験」という受験制度を使えば、いつでも社内の空き会議室等を使用して受験する事ができます。
そのほかにも、団体受験だからこそのメリットもあるようです!詳しくは検定事務局にお問い合わせください。
興味がある企業・団体等は、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか?

◆「団体受験」の案内はコチラ
http://www.sikaku.gr.jp/c/nc/org/apply/flow/

 

受験者の声

最後に、実際にコミュニケーション検定を受検した方の感想をご紹介します。
みなさん、自身の環境に合わせて受験する目的や活用も様々。
下記URLからご覧いただけます。
http://www.sikaku.gr.jp/c/nc/ind/about/voice/

 

と、第2回はここまで。
このコミュニケーション検定を受験するには、「公開試験」という個人向けの手段もあるんです。次回は、開催時期等の検定概要について詳しく紹介します。
ぜひご覧くださいね!

【第1回記事はこちら】

【ビズプロ編集部】

取材協力

株式会社サーティファイ
住所:東京都中央区日本橋茅場町2-11-8 茅場町駅前ビル
TEL:0120-031-749
FAX:0120-031-750
URL:http://www.sikaku.gr.jp/

この記事のタグ