HOME > 知る > 雪山のこわ~い話

雪山のこわ~い話

寒い冬に聞く怖い話というのもなかなか乙なものです。
今回は、日本の怪談作家 黒木あるじさんに雪山を舞台にした怖い話や不思議な話をお聞きしました。
 

古くから伝承される妖怪「雪女」


 
―雪山といえば「雪女」がパッと思いつきますが、「雪女伝説」の由来をはじめ、どのような妖怪なのか教えていただけますか?

雪女の起源は古く、室町時代には我々がよく知る「白装束の美しい女性」のいでたちや、出遭った者を冷たい息で凍えさせてしまうなどの伝承が存在していたものと思われます。室町前後は、付喪神信仰と呼ばれる「器物が年月を経て物の怪と化す」という考え方が一般的でした(まだ我々の知る妖怪ではなかったのです)。

このことから、当初の雪女は「雪が化けたもの」という位置付けであったと思われます。それがやがて各地の伝承や文化と融合し、それぞれの地域の特色を含むようになったのだと考えられます。例えば新潟小千谷地方では「つらら女」という伝承があります。ある男の元に美しい女が「嫁にしてくれ」とやってくるのですが、歓迎して強引に風呂へ入れてやると、女は溶けて亡くなってしまったというものです。同様の話は、山形や岩手にも伝わっています。また、お産で死んだ女が化ける「産女」という妖怪と似た属性のものや、我々がよく知る「幽霊」とほぼ同様のものなどもいます。雪女と一口に言っても、その名前や特性は多種多様なのです。

そうそう、個人的には、「冷たい息で殺す」という特性は、雪山で遭難し亡くなった人の状況から生まれたものではないかと思われます。低体温症にかかった人間は体温調節が効かなくなり、猛烈な暑さを感じて衣服を脱ぎだしてしまうことがあるそうです。雪山で半裸の死者が見つかった際、当時の人々はそれを「雪女に魅入られ、一晩を共にしたのだ」と考えたのかもしれません。
ちなみに、現在もっともよく知られている雪女の話は、明治の文豪ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)の書いた小説ですが、実はこれは東京青梅地方に伝わる民話がベースになっています。地方に伝わるローカルな「物語」が、全国流通される「小説」という近代的な形で各地に伝わり、やがて、さも昔から語られていたかのように広まる……さながら、現代のネットなどにおける情報の伝播を見ているかのようで、なんとも興味深く感じてしまいますね。

 

雪女に遭遇!?宮城県に伝わる伝説

―各地で雪女に関する伝説が伝承されているということですが、宮城にも雪女はいたのでしょうか?

宮城県内にも、雪女に関する伝承は数多くあります。子供を抱えた女と雪道で遭遇し、子供を預かると石のように重くなったので「これは物の怪だ」と女を切りつけたところ、粉雪になって消えてしまったという話がもっとも知られていますが、他にも面白山などにも伝説が残っています。
「宮城県史」の山間民俗の項には、明治時代に雪女に遭遇したという事例が載っています。かいつまんで以下にご紹介しましょう。


 
《ある冬、若いマタギが父に連れられ大東岳へ狩りに出たところ、夕方近くになって謎の嵐に見舞われました。すると突然父が「絶対に声を出すなよ」と囁いたのです。見れば、雪原のかなたに白い着物をまとった女が歩いてくるではないですか。恐ろしさのあまり若いマタギが父の背にしがみついていると、父は目をつぶったまま斜面を走り始めました。何度か転びそうになりつつも集落まで無事に到着すると、父は「あれは雪女だ。出遭ったら目をつぶって逃げろ。もしも道を譲ったり踵を返したり声をかけたりすると、魅入られて殺されてしまうぞ」と語ったのだそうです。》

―宮城にそんな伝説があったとは…!やはり地域によって内容はさまざまですが、恐ろしくも美しい妖怪として描かれるのはどこも一緒なのですね。
 

雪男のナゾ


 
―雪女についてのお話をお聞かせいただきましたが、「雪男」と呼ばれるものと接点はあるのですか?

「雪男」は雪女の対義語と思われがちですが、実はまったく異なる存在です。一般的に「雪男」と呼ばれるのはヒマラヤ山脈で目撃されているUMA(未確認生物)で、現地での呼び名を「イエティ」と言います。類人猿を思わせる風貌で、地元の人々が恐れてやまない存在だと伝えられてきましたが、近年になって「イエティ」は現地語でヒグマを指す言葉だと判明しています。また、これまで発見された「イエティのもの」とされる毛なども、その多くはヒグマのものであったようです。ロマンが崩れてしまいそうな、なんとも複雑な事実ですが、悲しむ必要はありません。

アメリカには同様のUMAで「ビッグフット」という巨大な原人がいると言われていますし、ロシアにも「アルマス」という巨大な猿人の言い伝えがあります。実は広島にも「ヒバゴン」という名の猿型の怪物(名前の由来は比婆山で目撃されてことによります)がいるのです。まだ見ぬ生物へのミステリーは、いつになっても尽きないようです。

―雪男の正体は、一体何なのでしょうか…その謎が分かる日が来るといいですね! 今回は、お話をお聞かせいただきありがとうございました。


いかがでしたか?
スキーやスノーボードをしに雪山に行く機会も多くなるこれからの季節、思いがけず雪女や雪男に出会えるかもしれません…。

【ビズプロ編集部】

取材協力

怪談作家 黒木あるじさん


 

この記事のタグ