HOME > 知る > 足と靴のお悩みは「シューフィッター」におまかせ!

足と靴のお悩みは「シューフィッター」におまかせ!

みなさんは、「シューフィッター」という資格者をご存知ですか?
自分に合う靴を履きたい!と思っても、サイズ以外でどんなことを気にすればいいのかイマイチ分からない…。
そんなときに、強い味方となるのがシューフィッターなのです。

シューフィッターとはどんなお方?


 
欧米では靴の歴史が古く、靴の技術者は医師や技師装具士などと同様に国家資格者となっている国もありますが、日本には、ドイツのマイスター等に相当する専門職資格がありませんでした。
しかし、日本でも日常生活では西洋靴を履いて暮らす人がほぼ100%です。当然、足と靴の問題も多くなってきています。

現在、日本では足と靴と健康協議会(FHA)という社団法人が「シューフィッター」という資格者を認定しています。資格保有者は靴メーカーの社員やオーナー、百貨店や専門店の靴コーナーの販売員の方がほとんどですが、フリーで活動しているシューフィッターもごく少数いらっしゃるそうです。
 

シューフィッター直伝!靴を買う時のポイント

仙台でコンサルティング業を行う傍ら、足と靴の相談や、カルチャーセンターでの普及活動、自治体での講演などを行うシューフィッター渡部俊和(わたなべ としかず)さんに、靴を買う時のポイントを教えていただきました。

①まず、規格で明示されている部分を計測し把握する。(足長、足囲、足幅)。
②いくら足を細かく測っても、靴の内部は計測できません。甲の高さと指の高さは履いた感覚を大事にしましょう。
③くるぶしやかかとは、合わない時には何度も何足も試し履きすることが大切です

きちんとサイズを測って、何度も試し履きする事が重要ということですね。
靴選びの際に、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか?
 

足の悩みはシューフィッターに相談してみよう


 

○せっかく買ったお気に入りのブランドの靴が合わない
○外反母趾などで常に痛みがあるので、少しでも歩行を楽にしたい
○どんな靴を履いても疲れやすい、足の一部が痛い
○インソールが合わない
○スポーツなど用途に合う靴選びが知りたい…などなど、
シューフィッターは、様々な悩みの相談に応じてくれます。
渡部さんの場合、下記ホームページのお問い合わせフォームよりメールで承っているそうです。足にお悩みの方はぜひ相談してみてくださいね。

【ビズプロ編集部】

取材協力

合同会社 渡部俊和事務所
TEL:070-6926-3626
URL:http://shoe.watanabetoshikazu.com/

この記事のタグ