HOME > 働く > 【ビズプロ×epiコラボ企画】女子大生が玉澤総本店に潜入! 私が働いてみたくなった5つのポイント

【ビズプロ×epiコラボ企画】女子大生が玉澤総本店に潜入! 私が働いてみたくなった5つのポイント


写真)インタビュアー epi 木谷 賛(左)、epi 大山 風花(中)

今回は、今年で67年目を迎える老舗「玉澤総本店」に潜入してきました!
美味しそうなお菓子に囲まれた夢のような空間ですよね。
私達が最も印象的だったのが、店長は、ほぼ女性ということでした。そして男女比も圧倒的に女性の方が多いそうです。
今回は、そんな玉澤総本店さんへのインタビューを通じて、私たちが働きたい!と思ったポイントをご紹介いたします。

私が働いてみたくなった5つのポイント

①お菓子好きに嬉しい環境!



玉澤総本店で働いていると、社員割引でお菓子を買うことができるそうです。大好きなお菓子を割引価格で買えるなんて、嬉しいですね!
「バターどら焼きが一番好き」と教えてくださった製造の店員さんは、毎回「今日はあの人が包んだんだな」「今日もおいしくできたな」なんて思いながら食べているそうです。自分たちが作ったお菓子が店頭に並んでいるのを見るのも、そしてそれを食べるのも、愛着を感じられて嬉しいですよね。

②女性が安心して働ける環境

店員さんの多くが女性。働いている方の年齢も20代~50代と幅が広いのが特徴です。女性の店員さんに「子育てとの両立もしやすいんですか?」と聞くと、現在まさにお腹に赤ちゃんがいる店員さんがいらっしゃるということを教えてくださいました!希望によってゆっくり出勤できたり早めに帰れたりと、子育て中のママにも働きやすい職場なんだそうです。
平日に休むこともできるので、子どもの学校行事などにも参加しやすそうですね。

また「先輩方も優しく、仕事のことだけでなく人生の先輩として、子育てのことなども相談にのってくれる」とのお話もいただきました。確かに身近なところにそういう相談ができる先輩がたくさんいると、それだけで心強いですよね!
 

③新作のお菓子づくりにかかわれる!


 

製造のお仕事中には、試作段階のお菓子の味見をすることもあるそうです。まだ世に出ていないお菓子を食べられるなんて、そこで働いている人ならではの特権ですよね!さらに試作品に対しての意見も言いやすい雰囲気なので、「もっと甘いほうがいい!」などの自分の感想が商品に反映される可能性も。将来たくさんの店舗で売り出される商品づくりに関わることができるなんて、楽しそう!


④経験がなくても大丈夫!



お土産屋さんや直販店でよく見かける実演販売。目の前で出来上がっていくお菓子を見ているのは楽しいですし、店員さんの手際の良さは見ていて飽きませんよね。そんな実演販売は、上杉の本店「上杉工房」でも行われています。

店員さんもオススメする「あぶりもち」は注文されてから実演コーナーで焼き上げるのですが、何も料理学校などに行っていなくても、何年かキャリアを積めば担当できちゃうそうです!
お客様の目の前でお菓子を作って、少しでも仙台やお店の思い出にしてもらえたら…嬉しいですよね。


⑤たくさんの人に喜んでもらえる!

本店が普通ならば製造工場の少ない上杉にあるのは「できたてをなるべく早くお客様に届けたい」という思いからなのだそうです。玉澤総本店のお菓子は、県外から来た方のお土産や贈答品などにも使われることも多いそうです。その際には、お客様のご要望を聞きながら、一緒に贈る相手のことを考えて、オリジナルセットを作る機会が多いそうです。

販売の店員さんが「詰め合わせのお菓子をお客様と一緒に選んで喜んでもらえたときが一番嬉しい」と笑顔で語っているのを見て、「お客様のことを第一に考えたお店で働くことができる」ということに魅力を感じました。
私もここで働けたらお客様と一緒にたくさんの「嬉しい!」を感じられるんだろうなぁ、と思いました。

今回の取材を通じて、何より、お話しを伺った店員さんが、ずっと笑顔で話していらっしゃったことが印象に残っています。本当に自分の働く店や、取り扱っている商品が好きなんだなぁと感じ、素敵な職場だと思いました。



今回取材にご協力いただいた方、皆さん優しく、いろいろな質問にも気さくにお答えいただいて、そんなところも魅力的と感じました。

【ライター】epi 木谷 賛(たたえ)、epi 大山 風花
【カメラマン】松橋 穂波
【編集】ビズプロ編集部

 

取材協力


株式会社玉澤総本店
〒980-0011 宮城県仙台市青葉区上杉3-9-57
TEL 022-223-2804
HP: 
http://www.tamazawa.co.jp/index.html

この記事のタグ