HOME > 食べる > 【第1回】大湯みほの「ぬか漬けのテッペンを目指せ!」

【第1回】大湯みほの「ぬか漬けのテッペンを目指せ!」



こんにちは!寒い日が続いていますが、みなさん、快腸〜♩な生活お過ごしですか?
はじめまして!ぬか漬けマイスターの大湯みほです。今は、ぬか漬け芸人としてメディア・ラジオ等のお仕事の他、日本全国でぬか漬けワークショップを開催したりしています。

まず、はじめましての方もたくさんいるかと思いますので、なぜ?私が、ぬか漬けにハマったか?
そこからお話させていただきますね。

宮城県・仙台で生まれ育った私は、小さな頃からばあちゃんのぬか漬けを食べて育ちました。子どもの頃は、ご飯に、ぬか漬け、味噌汁のみ…そんな食卓に嫌気がさしていたこともあった。なにせ、うちは貧しかったので、メインのおかずがぬか漬け!そんなことも度々ありました。

しかし、22歳で芸能活動をすることで上京。1人暮らしをはじめた時に、はじめて、何か足りない…そうだ、ぬか漬けだ!そう思い出し、あの味のありがたさに気づきました。ひとりでの食卓は、なにか寂しくて、でもそこにぬか漬けがあるだけで、故里を思い出したりもしていました。

ばあちゃんのぬか漬けの作り方を、見よう見まねで真似してみたのですが、なかなか同じ味が出ない!試行錯誤!そこから、私のぬか漬けライフのスタートでした。

ありがたい事にお仕事も少しずつ増えてきて、なかなか地元に帰れていなかった、そんなある日、ばあちゃんが倒れて…それから数年後に天国に行ってしまいました。

すごく後悔しました。あの時もっと、あの時こうだったら、、、考えたらきりがないけれども、とにかくただ大好きなあの味がもう食べられないのかと思うと…涙が止まりませんでした。

でも、その時決めたんです!大好きなあの味、ばあちゃんのぬか床を、私が引きつごうと!

ぬか床を仙台から持ち帰ると、早速、あれこれ漬けてみました!これ、これ、この味だっ!

そこには、昔、小さな頃から食べてきた、あの味があったんです。

ちょうどその頃、お笑い芸人に転向したこともあり、冷蔵庫に食べものがない。そんな事もよくありました。じゃあ、冷蔵庫の余り物、かまぼこ…リンゴ…こんにゃく…たまご、何でもぬか漬けにしてみよう!これをヒントに、ぬか床にいろいろな食材を放り込んでみたら…それがまた美味しかったんです!これはイケる!

それが、今の、ぬか漬けマイスターとしての私の活動のはじまりとなったのです。

今日は、ぬか漬けと私の出会い♩ここまで。

みなさんも、ぬか漬けをうまく食事に取り入れて、免疫力アップして風邪なんか吹き飛ばしてくださいね!

著者

大湯みほ




<プロフィール>
昭和56年3月20日生まれ。
お笑いコンビチェリーパイ解散後、ぬか漬け芸人として活躍中。

 

著書「アップルパインみほのカラダいきいきにおわないぬか漬けレシピ」
オフィシャルブログ「ぬかるみ日記」:http://ameblo.jp/miho-ohyu
 

〜みほ先生のぬか漬けワークショップ〜   
ぬか漬けマイスターみほ先生と一緒に、マイぬか床を作って持ち帰るワークショップです!子連れOKです!皆さんでぜひどうぞ!
■日時:2月17日(金) 14:00〜
■場所:jam レンタルスペース(仙台市青葉区国分町3丁目10-30 2F)
(地下鉄勾当台駅から 5分)
■参加費:3000円(材料費・ぬか漬け試食会込み)

この記事のタグ