HOME > 食べる > 仙台で本格抹茶を楽しめる「抹茶カフェ 茶歩」

仙台で本格抹茶を楽しめる「抹茶カフェ 茶歩」

2月6日が「抹茶の日」ということはみなさんご存知ですか?
茶道で抹茶のお点前をする夏の季節には、お湯を沸かす道具に風炉(ふろ)を使います。
このふ(2)ろ(6)にかけて2月6日を抹茶の日としたのが由来だそうです。
そんな「抹茶の日」を記念して、仙台市にある本格抹茶カフェをご紹介します♪

京都の本格抹茶を仙台で味わえる


 
今回ご紹介するのは、仙台市泉区にある「抹茶カフェ 茶歩(ちゃほ)」。
もともと呉服店を営んでいたということもあり、京都との関わりもあったため、店主の佐藤未歩さんがお店に来るお客様へのおもてなしとして2011年11月にオープンしました。

カフェで提供されているメニューは、京都の宇治抹茶を使ったゼリーや丹波の小豆、新潟こがね餅の白玉粉など、こだわりの素材で一つ一つ手作りされています。
 

お店に来たら、絶対食べておきたいメニュー3選


「茶歩パフェ」 800円(税込)
 


抹茶とヨーグルトの絶妙な組み合わせがクセになる!
白玉やアイスなどがたっぷり乗ったボリューム満点のパフェです。


 
「茶歩あんみつ」 680円(税込)



京都の抹茶をふんだんに使用した抹茶アイスが贅沢に乗っかったあんみつは、一口食べればやみつきに♪

 
「ほうじ茶ゼリーバニラアイス添え」 400円(税込)



ほうじ茶のゼリーとバニラアイス、さらにきな粉と黒蜜トッピングが絶妙なハーモニーを生み出します。抹茶にも負けないおいしさ!

 

アイシングクッキー教室も開催しています


 
店内ではアイシングクッキーも販売されており、そのポップでかわいらしい見た目はお土産やプレゼントにもぴったり。
オリジナルオーダーも可能なので、結婚式の引き出物や子どもたちへのプレゼントにおすすめです。
また、予約制でアイシングクッキー教室も開催されています(不定期・料金は内容によって異なる)ので、気になる方はお店に問い合わせてみてくださいね。
 

京都の本格抹茶が味わえるとあって、抹茶好きにはたまらないメニューばかりです。その上品な甘さと茶葉の風味を味わいに、ぜひ一度「抹茶カフェ 茶歩」に訪れてみてはいかがでしょうか?



【ビズプロ編集部】

 

取材協力

抹茶カフェ 茶歩
住所:仙台市泉区長命ヶ丘2-15-4
TEL:022-777-6088
営業時間:不定休(※営業情報はFacebookでチェックできます)
URL:www.facebook.com/cafe.chaho

 

この記事のタグ