HOME > 出かける > ホワイトデーは仙台市天文台で満天の星をプレゼント♡

ホワイトデーは仙台市天文台で満天の星をプレゼント♡

来週はホワイトデーですね。デートを予定しているけれど、どこに行こうかお悩みになっている方もいるのではないでしょうか。
そこでおすすめしたいのが、「仙台市天文台」です。バレンタインのお返しは、満天の星…なんてロマンチックですよね!天文台デートの過ごし方を、仙台市天文台の熊田さんにお聞きしました。

プラネタリウムで手軽にロマンチック気分♪

―2人の時間を最大級に演出してくれる過ごし方を教えてください!


©仙台市天文台
 
熊田さん:ホワイトデーに星空をご覧いただく際にピッタリのプラネタリウム星空の時間「今夜の星空散歩」というプログラムがおすすめです。
その日見える星空を、天文台スタッフが生解説でご案内するという内容となっています。プラネタリウムの星だけでもお楽しみいただけますし、見た後に、実際の星空を観察しに行ってみるというのも素敵です♪

番組では、星座や天体を本物の星空で見つけるコツなどもご紹介しますので、プラネタリウムの星だけでは満足できない!という方は、ぜひ街灯りの少ない暗い場所にお出かけしてみてはいかがでしょう。
14:30~、16:00~の2回投映で、投映時間は各45分程度です。
※料金:大人(プラネタリウム1回分)600円、高校生:350円、小・中学生:250円
 

ホワイトデーのお返しも忘れずに!

―男性にとっては、ホワイトデーのお返し選びは悩みの種。仙台市天文台で販売されているグッズで、彼女へのプレゼントとして、またこれからの出会いと別れの季節に活躍するプチギフトにおすすめの商品をお聞きしました。

<恋人へのプレゼントに>
「仙台市天文台×名取屋染工場 コラボレーショングッズ 手ぬぐい」 1080円(税込)

 
©仙台市天文台

熊田さん:名取屋染工場(仙台市青葉区)と仙台市天文台のコラボレーション手ぬぐいです。惑星の順番や大きさの縮尺がわかるほか、「ひとみ望遠鏡」などの天文台に関するイラストも描かれているので、デートの記念にぴったりです。赤と紺色の2色展開しているので、お揃いで持つのもおすすめですよ。

<お世話になっている方へのプチギフトに>
「惑星ラムネ」 240円(税込)




©仙台市天文台

熊田さん:惑星のイラストがプリントされた惑星ラムネ。お手頃価格ながら、女性心をくすぐる可愛らしいイラストがポイントです。惑星はランダムで入っているので、お気に入りのセットを見つけてみてはいかがでしょうか?


「ガラスドーム ペーパーウェイト&マグネット」 500円(税込)

 
©仙台市天文台

熊田さん:まるで宇宙をガラスドームに閉じ込めたような、幻想的なペーパーウェイトです。使用している画像はすべて仙台市天文台スタッフが撮影したものとなっており、もちろん仙台市天文台限定のオリジナル商品です。
 

天文台の帰りは、2人で星空を鑑賞しよう

―1日中天文台を楽しんだ後は、本物の星空を眺めながら2人だけの時間を過ごすというのもロマンチックですよね~!この季節に見る事の出来る天体現象はありますか?

 
▲おとめ座 ©仙台市天文台

熊田さん:ホワイトデーの夜空に輝くのは“ホワイト”な星、おとめ座のスピカ。その清らかな純白の輝きから、日本では「真珠星」とも呼ばれ親しまれてきました。スピカはちょうどおとめ座の左手にあり、真珠の結婚指輪のようにも見えます。

 
▲春の大曲線 ©仙台市天文台

また、スピカの近くには、うしかい座のアークトゥルスも輝いています。日本では麦の刈り入れ時を教える星として、「麦星」とも呼ばれてきました。名前の通り小麦色に見え、スピカとは対照的な色をしているのが特徴です。

そして、春の夜空に輝く2つの一等星「麦星」と「真珠星」。橙色の麦星を夫、白色の真珠星を妻に見立てて、あわせて「春の夫婦星」と呼ばれています。

純白のスピカのイメージから優しい奥さんを想像しそうですが、実はスピカには「とがったもの」という意味があり、スパイクシューズのスパイクと同じ語源なのです。
綺麗なバラにはトゲがあるように、スピカも美しいだけではないようです。夜空に輝く様子は仲良し夫婦のようですが、主導権を握るのは奥さんのようですね。ホワイトデーのお返しに困っている方、将来尻に敷かれないようにお気をつけください。

―綺麗な星空にそんなエピソードがあったとは…男性の皆さん、ホワイトデーのお返しは忘れずに…ですね!ホワイトデーデートが2人の素敵な思い出になりますように♪

【ビズプロ編集部】
 

取材協力

仙台市天文台
住所:仙台市青葉区錦ケ丘9丁目29-32
TEL:022-391-1300
<開館時間>
9:00-17:00(土曜日は21:30まで※展示室は17:00まで)
※最終入館は閉館30分前まで
<休館日>
水曜日・第3火曜日(祝休日の場合はその直後の平日に休館)・年末年始
※学校長期休業期間中は開館
URL:http://www.sendai-astro.jp/

☆施設からのコメント☆
仙台市天文台では、このほかにも3月中、震災に関連したプラネタリウム番組や写真展などを開催しています。震災から6年目を迎える今年、今一度、星空とともに、防災について考えてみませんか?詳しくは仙台市天文台ウェブサイトをご覧ください。

この記事のタグ