HOME > 育てる > 【パパコラム第40話】家でパパは何をやったらいい?

【パパコラム第40話】家でパパは何をやったらいい?

パパの活躍は家族のカナメ-笑顔溢れるパパのススメ-
第40話は「家でパパは何をやったらいい?」。

忙しいパパ、家事や子育てどうしてる?


 
家でママや子ども達がパパにやって欲しい事は何でしょうか?家事や子育てはもちろん、一緒に遊んで欲しい、早く帰ってきて欲しい…いろいろあると思います。

けれどパパは何でも出来る人ではありません。パパにも限界があります。仕事で時間が取れないとか、やろうと思っても苦手なことや、出来ない事があります。頑張ってみても上手くいかなくて、嫌になった事もあると思います。実際、私も家事にチャレンジして失敗した事はたくさんあります。料理でありがちな砂糖と塩を間違ったこともありますし、洗濯ではシワを伸ばさず干してたたむのに四苦八苦した事もあります。誰でも最初は初心者なので、しょうがないですね。

パパに出来る事は、ニーズを知ることです。仕事でよく「相手のニーズ」という言葉が出てくると思います。私も営業で東北・北海道を回っていた時、代理店のニーズ、顧客のニーズを捉えるためにたくさん努力しました。10人規模の商談では手軽さ、1万人規模の商談では機能などと一つひとつの案件のニーズは多種多様でした。
仕事では相手の求める事を考えながら仕事をしていると思いますが、家庭でも同じ様にママのニーズ、子ども達のニーズがあります。それはその時々で違うと思います。仕事でやってきた事を、家でもちょっと工夫してやってみましょう。
そうする事でパパも無理をしなくてもいいし、ママも子ども達も満足してくれると思います。

ですが、仕事と同じ事を家でもやっていると疲れます。家はゆっくり休みたい場所です。出来れば家の事はやらないで済ませたいものです。そこはバランスです。案外、相手のやりたい事を知っているとバランスもとれるものです。週末、私は自分の時間を確保するために、まずはママと子ども達のやりたい事を確認します。ママが仕事に行くとなれば、昼食、夕食ほか残りの家事をやる必要があります。子ども達が買い物に行きたいとなれば、外出の予定を立てます。予定が立つと自分の時間が見えてきます。例えば、子ども達が宿題をしている時間は自分の時間になります。仕事の残りをするもよし、読書も、テレビも自由です。


 
時間は限られたものです。家庭生活も上手く切り分けながら、休むときは休むし、家事・子育てをやる時はやる。そうすることで人生を2倍楽しめます。自分自身が納得出来る生き方をした方が楽しい時間を過ごせます。日にち単位のON・OFFの切り替えではなく、時間・分単位の切り替えをやってみましょう。

【パパコラム第39話】はこちら

著者

NPO法人ファザーリング・ジャパン東北
代表理事 工藤 賢司
2011年3月の東日本大震災をキッカケに地域貢献を決意して活動を開始。
NPO法人ファザーリング・ジャパン東北の代表を努め「日本で一番、働きたくなる街、みやぎ」の創造を目指している。
現在は、
・イクメン、イキメン、イクボス講座
・働き方改革の指導
・家族間のコミュニケーションアップ
など講演を行っている。
Facebook: https://www.facebook.com/kudo.coach
ファザーリング・ジャパン東北:http://fjtohoku.jp/


 
 

この記事のタグ