HOME > 食べる > 【第3回】大湯みほの「ぬか漬けのテッペンを目指せ!」

【第3回】大湯みほの「ぬか漬けのテッペンを目指せ!」

みなさん、こんにちは♪もうすぐ春ですね!桜が咲く時期になると、いつもわくわくする、ぬか漬け芸人みほです!

このシーズンだと、もうすでに花粉症に悩まされている方もいるのではないでしょうか?
私も、数年前までは…目も鼻もグジュグジュで、酷い日はメイクができなかったり…悩まされたこともあったんです。

でも、ぬか漬けライフを始めて腸内環境を整えてからは、だいぶ悩みが解消されましたよ!
ぬか漬けを食べ続けて、本当に免疫力が上がったなぁと、心からばあちゃんに感謝してます☆

その前に!ぬか漬けって何??ぬか漬けと、普通のお漬物とはどう違うの!?
そんな方もいると思うので、今日は「ぬか」が何者なのか、ご紹介しますね☆

まず、ぬか漬けの、『ぬか』とは…なんなのか?
皆さんも、小さい頃、ばあちゃんが床に這いつくばって…床の下の何かをかきまぜている…そんな光景見た事ありませんか?
もしくは、大きなツボの中の、味噌のようなものをかき混ぜて、その中から、きゅうりや、大根が、魔法のように出てきた!そんな体験した事は、なかったですか?

そう!それが、ぬかなのです!ぬかは何年も何年も毎日かき混ぜて、手入れをする事で、とても深い愛情のこもった田舎を思い出す味わいになるんですよ。
あぁ〜♪ばあちゃんのぬか漬け、食べたくなってきたぁ♪

そもそも、「ぬか」とはお米を精米するときに出る、外側の皮やもみ殻の部分をいいます!
そのぬかに、塩、水、昆布、鷹の爪を加えて混ぜてあげることで、味噌のような、いわゆる『ぬか床』を作る事ができるんです!意外と簡単でしょ?

ちなみに、「ぬか」は近所のお米屋さんなどがあれば譲ってもらったり、
スーパーなどで150円程度で手に入れる事が可能です!お塩や昆布の近くに大体置いてあるので探してみてね!

実はぬか床を作るのは、とっても簡単なんです!ただ、肝心なのは…手入れの仕方ですよね!
たくさんの野菜をただ入れておくだけで、おいしく魔法をかけてくれるぬか床さん☆
それは、親友のように…ペットのように…そして、恋人のように…♡
愛情をもって、毎日かき混ぜてくださいね!
 

今度は、ぬか漬けを始める時に、これをやっておくと、おいしくなる秘訣をお教えしますね!

それから、来月宮城でみほ先生のぬか漬けワークショップがありますよ!お時間があります方は、ぜひ、いらしてくださいね〜♪
レッツ・ぬかフレンド♪
 

著者



大湯みほ

<プロフィール>

昭和56年3月20日生まれ。
お笑いコンビチェリーパイ解散後、ぬか漬け芸人として活躍中。

著書「アップルパインみほのカラダいきいきにおわないぬか漬けレシピ」
オフィシャルブログ「ぬかるみ日記」:http://ameblo.jp/miho-ohyu


〜みほ先生のぬか漬けワークショップ〜

みんなでMYぬか床を作って、持って帰れる体験教室です。
手ぶらでOK!お子様も一緒に参加できます!
■日時:4月9日(金) 14:00〜15:30
■場所:フーズガーデン玉浦 食彩館(会議室)(岩沼市玉浦西4丁目1番1号)
■参加費:500円(キット材料費)
■お問い合わせ:0223-23-1140
 

この記事のタグ