HOME > 買う > 東日本大震災から6年。風呂敷で考える「減災」とは?

東日本大震災から6年。風呂敷で考える「減災」とは?

間もなく、東日本大震災から6年になります。
仙台放送でも、震災を忘れないよう様々な取り組みを行っています。
今回ご紹介するのは、災害時の被害を最小化する“減災”の知識を詰め込んだグッズ「減災風呂敷『結』」と「減災ポケット『結』」。
商品に込めた私達の想いをご紹介します。

減災の知識を未来へ繋ぐ「減災ポケット『結』プロジェクト」


 
仙台放送では、東日本大震災の教訓を踏まえた防災・減災についての取り組み「減災ポケット『結』プロジェクト」を東北大学と連携して進めています。
今後も起こりうる自然災害の脅威から少しでも被害を減らしたいという想いから、2012年8月に減災風呂敷「結」、2013年3月に減災ポケット「結」を製作・販売しました。
 

もしもに備えて…風呂敷で考える「減災」



 
 
古来から使われてきた風呂敷をヒントに作られた減災風呂敷「結」。

たためば小さくコンパクトにまとまり、広げれば体にまとうこともでき、包めば様々な物も運べる。この機能をフルに活用し、減災の知識はもちろん、英語表記も入れて日本を訪れる観光客にも受け入れてもらえるよう工夫されています。また、防炎加工も施されているので、災害による火災のときは頭を守る役割も備えています。

風呂敷を結んで活用するように、家族や社会の絆を結ぶ…。減災風呂敷「結」には、そんな想いが込められています。
※価格は1枚3,086円(税込)。ミニガイドブック付き
 

子ども達はイラスト付きの減災ハンカチで学ぼう



 
▲ハンカチをめくるとクイズになります
 
子ども達が日頃から災害を意識して備え、毎日持ち歩くハンカチを使って学校や家庭で学び、大切な命を守って欲しいという想いから生まれたのが減災ポケット『結』です。

ハンカチには減災・防災についてのクイズや知識がイラスト付きで描かれているほか、中央を折り曲げればクイズ形式で減災の知識を学ぶ事ができるので、親子で楽しく減災を学んでもらえればと思います。
※価格は1枚648円(税込)。
 

商品が購入できる場所

<宮城県>
○仙台縁日
住所:仙台市青葉区中央2丁目1-18 クリスロード商店街内
TEL:022-714-3055 FAX:022-714-3022

○藤崎
住所:仙台市青葉区一番町3丁目2-17
TEL:022-261-5111(代表)

○彩りそえる しまぬき
住所:仙台市青葉区一番町3丁目1-17
TEL:022-223-2370 FAX:022-223-2373

○せんだいメディアテーク 1F(KANEIRI Museum Shop6)
住所:仙台市青葉区春日町2-1
TEL:022-714-3033 FAX:022-714-3034

<東京都>
宮城ふるさとプラザ(東京都豊島区東池袋)
住所:東京都豊島区東池袋1丁目2-2 東池ビル1・2階
TEL:03-5956-3511 FAX:03-5956-3513


皆さんは「もしも」の時の準備はしっかり出来ていますか?
今回ご紹介した商品を使って、いま一度、家族で減災について考えてみてはいかがでしょうか。

【ビズプロ編集部】
 

問い合わせ先

仙台放送 デジタル事業部
住所:仙台市青葉区上杉5-8-33
TEL:022-267-1266
FAX:022-267-0887