HOME > 出かける > 「みちのく湖畔公園」で花と緑に囲まれのんびりと♪

「みちのく湖畔公園」で花と緑に囲まれのんびりと♪

春到来!花と緑が美しい季節ですね。
心地良い季節だからこそ、いろんな所にお出かけしたくなっちゃいます。
そこでおすすめしたいのが、大自然を体感できる「国営みちのく杜の湖畔公園」!
この季節に楽しめるお花やイベントをお聞きしました。

豊かな自然に囲まれた東北唯一の公園「国営みちのく杜の湖畔公園」

 
▲小さなお子さんを持つ家族から大人まで楽しめる(©国営みちのく杜の湖畔公園)

釜房ダムの湖畔に位置する東北唯一の国営公園「国営みちのく杜の湖畔公園」。
広大な園内は南・北・里山地区にわかれ、南地区には季節の花々が美しい大花壇が広がる「彩のひろば」、子どもに人気の大型遊具が楽しめる「わらすこ広場」、東北6県の古民家が移築された「ふるさと村」などがあり、北地区には広大な芝生広場や登録制のドッグランや気軽に楽しめる「エコキャンプみちのく」、里山地区では自然や文化を学ぶ事ができます。
 

「彩のひろば」で春の花を楽しもう♪

この季節、「彩のひろば」を中心に、3月下旬からは12品種約7万株のパンジー・ビオラが、4月からは約1,000本の桜(4月中旬~)や約80種類10万本のチューリップ(4月中旬~)、約5万株のシバザクラ(4月下旬~)、など色とりどりの花が楽しめます。



 



▲春に咲く花たち(©国営みちのく杜の湖畔公園)
 

スイセンで描く地上絵!?

 
©国営みちのく杜の湖畔公園

国営みちのく杜の湖畔公園では、東日本大震災の復興を応援する取り組みとして、2011年11月から公園に約2万球のスイセンを植えて『フェニックス(不死鳥)』の地上絵を描く活動「花譜(はなふ)」を実施しています。

今年も4月上旬頃から現れるとのことですので、皆さんもぜひ、復興へはばたくフェニックスの姿を見に行ってみてくださいね。
(時間:9:30~17:00/場所:国営みちのく杜の湖畔公園 花木園)


穏やかな春のひとときを、自然いっぱいのみちのく公園でお花たちに囲まれながら過ごしてみてはいかがでしょうか?


【ビズプロ編集部】

 

取材協力

国営みちのく杜の湖畔公園
住所:宮城県柴田郡大字小野字二本松53-9
TEL:0224-84-5991
URL:http://www.michinoku-park.info/

 

この記事のタグ