HOME > 出かける > くりはら田園鉄道公園「くりでんミュージアム」4/1オープン!

くりはら田園鉄道公園「くりでんミュージアム」4/1オープン!

2007年に惜しまれつつ廃線となった、「くりはら田園鉄道」の貴重な資料や機器を展示した「くりでんミュージアム」が旧若柳駅の隣接に4月1日(土)オープンします!
いよいよ明日へ迫ったオープンを前に、いち早く施設の魅力をご紹介します♪

見て、ふれて、体験できる「くりでんミュージアム」

「くりはら田園鉄道」とは1921年に栗原軌道として始まり、栗原郡内を横断して東北本線石越駅~細倉鉱山を結んでいた単線のローカル線で、細倉鉱山の閉山に伴う貨物営業の廃止や交通手段の変化による利用客の減少により、2007年3月に廃線になりました。

 
▲くりでんミュージアム

旧くりはら田園鉄道の貴重な資料や工具、車両等を保存、公開し、『くりでん』の魅力を全国に発信するべく作られた「くりでんミュージアム」。

館内には、市の文化財でもある大正時代に建てられた機関車庫や客車庫を、建築当時の姿に修繕し見学出来るようになったほか、くりでんの歴史を学ぶ展示が満載です。

 
▲くりでんジオラマ



 
▲くりでん運転シミュレーター

くりでん模型が走る沿線全体を再現した鉄道ジオラマや、営業当時に運行していた車両の運転席に座って行う運転シミュレーター、くりでんの歴史をドラマ仕立てで伝えるミニシアターなど、くりでんを「見て」、「ふれて」、「体験」できる施設となっています。

 

くりでんに乗車できるイベントも開催!


 
▲くりでん乗車会


 
▲レールバイク乗車会

くりでんミュージアムで歴史を学んだ後は、実際に車両に乗って魅力を体感してみましょう♪

春から秋の期間、旧若柳駅にて片道約900メートルの距離をKD95(ディーゼル気動車)で当時の雰囲気さながらに往復運行する「くりでん乗車会」と、本物のレールの上を自転車感覚で走る事が出来る「レールバイク乗車会」が実施されます。

「くりでん乗車会」は6月~11月の第2日曜日、「レールバイク乗車会」は4月~10月の日曜日に月2~3回程度開催されますので、開催日は栗原市ホームページでご確認ください。
URL:https://www.kuriharacity.jp/index.cfm/12,0,141,html


廃線しても今もなお地元はもちろん、多くの方に愛される「くりはら田園鉄道」。
その歴史と魅力を体感しにぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?

【ビズプロ編集部】

 

取材協力

くりはら田園鉄道公園
住所:栗原市若柳字川北塚ノ根17-1
TEL:0228-24-7961

 

この記事のタグ