HOME > 食べる > 花より団子!?東北春の和菓子特集

花より団子!?東北春の和菓子特集

春はお花見や歓送迎会など、みんなで集まる機会が増える季節。
そんな時に持っていきたい「東北の春の和菓子」をご紹介します♪

壽の三色最中本舗「さくら最中」


 
春を感じさせてくれる薄いピンクの皮に、桜の葉の塩漬けが入った桜あんを挟みました。
4個入・750円(税込)

 

かんのや「家伝ゆべしさくらあん」


 
季節のさくらあんをゆべしで包んだ一品。ほのかな桜の香りがたまりません♪
4月中旬までの季節限定商品。
2個入・216円(税込)

 

菓匠三全「さくら大福」


 
ほんのり塩味の桜の葉がうれしい、春ならではの美味しさです。
4月中旬までの期間限定商品。(桜が散る頃まで)
1個・139円(税込)

 

九重本舗玉澤「九重1杯分袋詰」


 
仙台の老舗和菓子店・九重本舗玉澤の代表銘菓「九重」が、湯飲み一杯分量の小袋詰めになって登場。
彩りも美しく取り扱いの簡単なスティック・タイプ包装で、お出掛け先・急な来客でも手軽に楽しめます。
15g10本詰・1,620円(税込)

 

石橋屋「郷土駄菓子(竹の皮)」


 
贈り物にもぴったりな、竹皮に包まれた駄菓子の詰合せ。お茶のお供におすすめです♪
18個入・1,404円(税込)


桜を眺めながら美味しいお菓子を食べる、これも一つの楽しみです!
今しか味わえない春の和菓子で、季節の移り変わりを楽しんでみてはいかがでしょうか?

【ビズプロ編集部】

 

取材協力

藤崎(営業時間…10:00~19:30)
住所:仙台市青葉区一番町三丁目2番17号
TEL:022-261-5111(代表)
URL:http://www.fujisaki.co.jp/


 
 

この記事のタグ