HOME > 知る > 【コラム】歯周病の予防と対策

【コラム】歯周病の予防と対策

普段よく聞く「歯周病」ですが、実際にどのような病気か意外と知らないという方も多いのではないでしょうか。
知っているようで意外と知らない「歯周病」の原因・症状・予防法などについて、アイデンタルクリニック院長の石川禎一(いしかわ ていいち)先生にお伺いしました。

そもそも「歯周病」とは?


 
石川先生:歯と歯ぐきの間には溝がありますが、ここに歯垢(プラーク)という細菌の集まりがたまり、この細菌が繁殖して炎症が起こる事を「歯周病」と言います。炎症が進むと、歯ぐきが腫れる、血が出る、痛い、歯が動く、口臭がするなどの症状が出てきます。

歯ぐきに限局した炎症は治療によって元に戻りますが、炎症が歯の周りの骨まで進むと、骨は溶けて無くなります。溶けた骨はなかなか回復しません。その為、骨が溶ける前に治療をする事をお勧めします。

また、歯垢(プラーク)は放っておくと石灰化して歯石になります。歯石は歯磨きでは取れないので、歯科医院で取ってもらってください。そのまま放置すると歯周病が進み、最後には歯の周りの骨が溶けて無くなり、歯が抜けます。

歯周病は他の病気と密接に結びついています。歯周病が進むと、歯周病菌や菌の出す毒素が血流に乗って、心臓や肺に入り全身疾患を引き起こす可能性もあります。特に糖尿病とは密接に関係していると言われています。糖尿病が悪化すると歯周病も進みます。歯周病の治療をする事によって、糖尿病も良くなるとも言われています。
 

歯周病にならない為に


 
石川先生:歯周病は、生活習慣病の一つと言われています。まずは自分に合った歯磨きの仕方を歯科医院で覚えてください。歯周病は細菌の感染によって起こります。体の免疫力が低下すると細菌に感染しやすくなりますので、全身を管理する事が重要となります。口の中だけではなく、全身の健康にも目を向けてみましょう。

食生活には特に注意が必要です。食べ物、飲み物の種類、頻度に気を付けてください。また、タバコ、不適合な詰め物、被せもの、歯ぎしりなどが歯周病を進めると言われています。かかりつけの歯科医院を作り、定期検診をするようにしましょう。
 

歯科医師が教える「正しい歯磨きの方法」


 
石川先生:歯磨きで覚えてほしい事は、歯ブラシの毛の先が当たった所しか歯垢(プラーク)は落ちないという事です。1本ずつ磨く習慣を付けてください。

ただ、全ての部分を歯ブラシだけで磨くのは大変です。特に歯と歯の間は歯ブラシの毛の先が入りづらいので、歯間ブラシ、フロスなどの補助道具を使って歯垢(プラーク)を落としてください。


 
今は性能の良い電動歯ブラシが出ていますので、こちらのほうが簡単に綺麗に磨く事が出来ます。ただし使い方を間違えると歯が削れてしまいますので注意が必要です。歯磨き粉やうがい薬を併用すると効果が上がりますが、薬の効用に頼りすぎないようにしましょう。物理的に歯垢(プラーク)を落とす事が一番大事です。

 

著者



アイデンタルクリニック 院長
石川 禎一 先生
住所:仙台市泉区南中山1-27-357
TEL: 022-277-8277
E-mail:i-dental@jcom.home.ne.jp
URL:http://www.i-dental.info/

 

この記事のタグ