HOME > 育てる > 【パパコラム第44話】「ちょっと変わった?」を見つけるために

【パパコラム第44話】「ちょっと変わった?」を見つけるために

パパの活躍は家族のカナメ-笑顔溢れるパパのススメ-
第44話は「『ちょっと変わった?』を見つけるために」。

家族の変化、忙しくて見逃していませんか?


 
ママの髪型や洋服の変化にパパは気付く事が出来ますか?よく聞く話では「分からない」という答えが大半ですが、皆さんはいかがでしょうか?
変化に気付くために大切なのは、「Before」と「After」が分かっているという事です。いつもママはどんな髪型なのか、どんな洋服を着ているのか、料理の味付けはどうなっているかを知っている必要があります。

普段何気なく生活していると、たくさんの事を見逃してしまいます。見逃さないために必要だと思うのは、自分自身の気分・感情の変化を見つける事。五感や喜怒哀楽がどうなっているのかを見つける事から始めてみるといいかもしれません。人の変化を見極めるのは苦労しますし、間違ってしまうと後でひどい目に遭うかもしれません。自分自身の中で起きている気分や感情の変化を見る事はいつでも始められますので、おすすめです。

次に必要なのは、相手に興味を持つという事です。ママに興味・関心を持って見るようになると、ちょっとした事でも分かるようになります。そこまで出来るようになると「綺麗だね」とか「素敵だね」と簡単に言えるようになります。


 
ファザーリング・ジャパン東北の仲間内でアンケートを取った時、今でもママに「可愛いね」といった言葉を掛ける人は10%強でした。家事・育児参加を積極的にやっているパパでもその位です。ママへの声掛けが出来ないのが常識なのかもしれませんが、出来た方が家庭生活は楽しくなります。ワークライフバランスの実現のためにも、ママにパパの素直な気持ちを伝えてみてほしいと思います。

そうすると、子どもの成長も細かく見えてくるようになります。前より学校の事を話すようになったとか、言葉遣いや食事の量が変わったとか、ちょっとした変化が分かるようになります。子どもの成長を見て分かるようになると、やっぱり嬉しいですよ。日々の生活にもハリが出ます。仕事に出ると家庭で子どもと接する時間が少なくなり、成長の様子を事細かに知るチャンスが減ってしまいます。短い時間しかないからこそ、子どもに興味・関心を持って、一緒に時間を過ごしてほしいと思います。

【パパコラム第43話】はこちら

 

著者

NPO法人ファザーリング・ジャパン東北
 代表理事 工藤 賢司

2011年3月の東日本大震災をキッカケに地域貢献を決意して活動を開始。
NPO法人ファザーリング・ジャパン東北の代表を努め「日本で一番、働きたくなる街、みやぎ」の創造を目指している。
現在は、
・イクメン、イキメン、イクボス講座
・働き方改革の指導
・家族間のコミュニケーションアップ
など講演を行っている。
Facebook: https://www.facebook.com/kudo.coach
ファザーリング・ジャパン東北:http://fjtohoku.jp/


 
 

この記事のタグ