HOME > 食べる > 宮城の旬を味わう居酒屋「和食堂さぶら」

宮城の旬を味わう居酒屋「和食堂さぶら」

豊かな自然に囲まれた宮城県は、まさに食材の宝庫といっても過言ではありません!
そんな宮城の旬の食材を味わえる“粋な居酒屋”「和食堂さぶら」を取材してきました。

仙台駅から徒歩5分!朱色の暖簾が目印の「和食堂さぶら」


 
仙台駅前西口の南町通りをまっすぐ、朱色の暖簾が目印の居酒屋「和食堂さぶら」は、2014年2月にオープン、今年で4年目を迎えるお店です。ちなみに、店名の「さぶら」は“お客様に寄り添う”や“目上の方に仕える”という意味を持つ『さぶらう』という古語が由来なのだそう。

2階建ての店内は、テーブル席から個室やカウンター、さらには最大16名まで利用できる団体席まで、様々なシーンに合わせて選べる席が充実!駅に近く便利な立地とあって、お仕事帰りのサラリーマンや出張の方が多く利用されるそうですが、女子会や一人呑みにも是非おすすめですよ~♪

 
【1階】一枚板のカウンター席

 
【2階】(左から)小上がり席・個室・テーブル席

 

その時一番美味しい旬の食材を堪能!

お店の一番のこだわりは、何と言っても宮城の旬の食材を使った料理。
旬の食材に一手間必ず加えた料理をお客様にお届けする事をモットーに、料理長の渡邊富蔵(とみぞう)さんが自慢の腕を振るいます。

名物料理がこちら!
 
「お醤油いらずのお造り盛り合わせ」 1人前800円

その時々の旬の魚介と野菜をふんだんに使った「お醤油いらずのお造り盛り合わせ」は、彩りも鮮やかで目で見ても楽しい一品。
付け合わせのお野菜は、自家製のお味噌で頂くのがさぶら流なのだとか。


続いてご紹介するのは…大迫力の「特大夢カキ」!
 
「雄勝 特大夢カキ 葉わさび焼き」 700円

三陸・雄勝の海で獲れる「夢カキ」に、葉わさびを乗せていただきます!
春は葉わさびですが、夏はトマト、秋はきのこ、冬はカブと季節ごとに様々な組み合わせが楽しめるのも嬉しいポイント。



「〆鯖押し寿司」 850円

その他にも「〆鯖押し寿司」など、旬の食材を贅沢に使ったメニューが盛りだくさん。

 

お店選りすぐりの隠し酒に注目


 
美味しい料理は美味しいお酒でいただきたいもの。
「和食堂さぶら」では全国各地より厳選した日本酒の他に、メニューには載っていない「隠し酒」があるそうです…!
その時々でテイストが違ったお酒が2~3種類くらい用意されており、それを楽しみにお店に訪れる方もいらっしゃるのだそう。是非お試しあれ♪


また、様々な日本酒が飲みたい時におすすめなのが「利き酒3点セット」。

 
飲んだ事のない銘柄に挑戦したり、あまり日本酒を飲まないという人でも気軽に楽しめます。日々お酒の内容は変わるそうなので、訪れた時のお楽しみ!
 

「海も山も近いという宮城県ならではの食材を、もっともっと発信していきたいんです。これからも地域密着で、地元の方々に愛されて長く続けていけるお店になればいいなと思っています」と、店主の後藤威史(たけし)さんは話します。

旬の食材を使った料理を味わう事で、改めて宮城の魅力に気づくキッカケになるかもしれません。
「和食堂さぶら」で、四季折々の旬を味わってみてはいかがでしょうか?

※表示価格は全て税抜き価格です


【ビズプロ編集部】

 

取材協力

和食堂さぶら
住所:仙台市青葉区中央3丁目10-22 第6菊水ビル1・2階
TEL:022-265-7147
営業時間:17:00~25:00(不定休)
URL:http://fujita-seisaku.co.jp/sabura/
※中学生以下の入店はお断りしておりますのでご了承ください。


 
 

この記事のタグ