HOME > 食べる > 杜の都の新名物「仙台あおば餃子」をペロリ!

杜の都の新名物「仙台あおば餃子」をペロリ!

杜の都・仙台は新緑の季節を迎え、街も爽やかさが際立っていますね~!
目で楽しむのもいいですが、「杜の都」を味わって楽しんでみるのもいかがでしょうか?
というわけで、今回は緑鮮やかな杜の都の新名物「仙台あおば餃子」をご紹介します!

仙台あおば餃子とは?


▲鮮やかな緑色の皮が特徴
 
2009(平成21)年に農業の振興と地域経済の活性化を目的に誕生した、地域野菜である仙台産雪菜をたっぷりと使った餃子です。
皮は厚めでもちもち感があり、野菜の甘みが楽しめます。
この餃子の特徴は何と言っても緑鮮やかな皮の色!まさに杜の都・仙台をイメージさせますね。
「仙台あおば餃子」は、仙台あおば餃子振興会から認定を受けたそれぞれの会社が、別々に独自の味付けで製造を行っています。

今回ご紹介するのは、創業1924(大正13)年、塩竈市にある老舗餃子店「蜂屋食品株式会社」の餃子。

雪菜が皮だけではなく具にも使われており、豚肉の代わりに宮城県を代表するブランド「森林鶏」を使用。
通常の餃子にはごま油が使用されていますが、こちらでは代わりにオリーブオイルを使用してヘルシーに仕上げています。
さらに、にんにく不使用なので匂いを気にせず食べられますね♪


「仙台あおば餃子」(8個入)


 
■価格:880円(税込)
(蜂屋食品株式会社ホームページより購入できます)

 

簡単!仙台あおば餃子レシピ

 

スープ餃子や水餃子、焼き餃子などいろいろな調理方法で楽しむ事が出来るのも「仙台あおば餃子」の魅力です。
餃子を使って作る「野菜スープ」のレシピをご紹介!

<作り方>
①沸騰したお湯に、凍ったままの餃子を入れ、中火で約8~10分茹でます。
②付属のスープを1袋につき約500mlのお湯で戻し、その中にたくさん野菜を入れます。
③野菜スープの準備が出来たら、別茹でした餃子を入れてさっと温めれば出来上がり♪


青葉が美しいこの季節、目でも口でも楽しめる「仙台あおば餃子」をぜひ味わってみてはいかがでしょうか?


【ビズプロ編集部】

 

取材協力

蜂屋食品株式会社
住所:塩釜市貞山通3丁目3-27
TEL:022-364-8211
URL:http://www.hachiya-foods.co.jp/

☆企業からのコメント☆

塩竈で餃子にこだわり50余年、野菜ソムリエの資格を持つ4代目が特に野菜にこだわって作っています。様々なラインナップを取り揃えております。

この記事のタグ