HOME > 知る > プロのスタイリストが教える、梅雨の髪うねり対策

プロのスタイリストが教える、梅雨の髪うねり対策

梅雨の時期、湿気などで髪型が決まらなかったり、外に出るだけですぐぺたんこになってしまう…なんて人も多いかと思います。
髪がうねるのはどうして?うねらない対策はあるの?そんな疑問や解決方法を、プロのスタイリストにお伺いしました。

雨の日に髪がうねる理由とは

そもそも、梅雨の時期にどうして髪がうねってしまうのでしょうか?
仙台の美容室「Modern craft中央店」スタイリストの白岩さんによると『髪の毛は大半が一本一本ねじれていたり歪んでいたりします。梅雨時期は髪の毛が水分を含んでしまいねじれが強くなりうねってしまうのです』。

 
▲一見普通に見えますが、実は1本1本に細かい「クセ」があるのだそう

元々ねじれていたりする髪が水分を吸収してしまう事で、いつも以上にボリュームが出てしまうんですね。これが雨の日に起こる髪の毛のうねりの原因だったのです!

 

うねり髪にならない対策方法は?

原因は解明しましたが、果たしてうねりを押さえる対策方法はあるのでしょうか?
白岩さんに、うねり髪を押さえる4つのポイントを教えていただきました。

ポイント①「シャンプーを変える」


 
うねりやくせ毛を和らげるシャンプーを使うのも1つの手段です。自分の悩み美容師さんに伝えて、一緒に決めてみるのもいいでしょう。
 



ポイント②「まとめ髪にする」
 


うねってしまうなら、可愛くまとめちゃえ!まとめ髪にすればうねりも気にならず快適に過ごせますよね♪
 


 

ポイント③「スタイリング剤をつける」


 
なるべく髪の毛が広がらないように、オイルや艶出しスプレーなどをつけておくといいでしょう。
 

 


 

ポイント④「ヘッドスパをする」


 
髪の形状や年齢、その時の疲れの具合に伴ってクセが出てしまうそうです。その為、ヘッドスパをして頭皮環境を良くしておく事が大切です。

 

これならうねりも怖くない!雨の日に試したい簡単アレンジ

先ほどご紹介したように、うねり髪を押さえる為に髪の毛をまとめるというのも一つの手段。憂鬱な雨の日も可愛くアレンジして爽やかに過ごしましょう♪

<やり方>

①まず最初に、髪の毛をとかしていきます(手ぐしで結構です)。


 

②髪の明るさに合わせて輪ゴムを選びます。


 

③髪の毛を後ろでまとめてポニーテールを作ります。

④トップやサイドの髪の毛を指先で筋状に引き出します。

⑤最後にゴムの部分を少し引き出した髪で隠してピンで留めれば完成♪


湿気の多い梅雨時、髪の毛の悩みはつきもの。
今回ご紹介したうねり対策やヘアアレンジのやり方を参考に、梅雨の髪の毛を楽しんでみる工夫をしてみてはいかがでしょうか?

【ビズプロ編集部】
 

取材協力


 
Modern craft中央店
ディレクタースタイリスト
白岩 大輔さん

住所:青葉区本町2丁目3-10仙台本町ビル1F
TEL:022-216-5430
URL:http://www.moderncraft.co.jp/

 

この記事のタグ