HOME > 知る > 「仙台七夕まつり」が8月に行われる理由とは!?

「仙台七夕まつり」が8月に行われる理由とは!?

七夕と言えば世間では7月7日が一般的ですが、「仙台七夕まつり」が8月に開催されるのは一体なぜなのでしょうか?知っているようで意外と知らない仙台七夕まつりの歴史を、仙台市歴史民俗資料館の畑井さんにお聞きしました。

七夕の起源は中国にあった!

―毎年当たり前のように行われている「七夕」ですが、いつ、どのようにして始まったのでしょうか?


 
畑井さん:七夕の行事は、主に女性が裁縫や技芸の上達を願って行われていた「乞巧奠(きっこうでん)」と言われる行事が奈良時代に中国から伝わったもので、当初は宮中の行事として行われていました。江戸幕府が定めた五節句の儀式(1月7日の七草、3月3日の桃、5月5日の菖蒲、7月7日の七夕、9月9日の菊)の一つとなり、江戸時代には庶民にも広まりました。

江戸時代の仙台では旧暦の7月6日から7日にかけて、青竹に願い事や歌などを書いた短冊や紙を取り付け、各家の軒先に飾っていたようです。そして、一晩明けると、それらの飾りは竹ごと川に流して、七夕の行事は終わりになりました。

地域によっては七夕の日には川で7回水浴びをするとか、川で髪を洗うとか、七夕小屋を作って子ども達だけで過ごす、などといった風習もありましたが、基本的には各家でささやかに行う事が本来の七夕行事だったようです。

 

仙台七夕の歴史と移り変わり

―ここまで聞いていると七夕は7月に行われているようですが…。この後どのように8月の開催へと変わっていったのでしょうか?

畑井さん:明治時代になると暦が変わって新暦を使うようになり、幕府が定めた五節句の儀式も廃止され東京(江戸)の七夕は衰退していきましたが、仙台では七夕の行事は家々の年中行事として行われていました。現在のように趣向を凝らした飾り付けを行うようになったのは、明治時代に入ってからの事。明治20年代には肴町や国分町のほか、現在の市民会館の辺りにあった歓楽街などがお客さん達を楽しませる為に七夕の飾り付けに工夫を凝らすようになり、明治30年代には裁縫学校の生徒達が作った着物のひな形が七夕飾りとして飾られるようになるなど、現在の七夕祭りに繋がる様子が多くみられるようになり、仙台の夏の祭りとして注目を集めるようになっていました。

 
▲昭和11年頃の七夕飾りの様子

 
▲肴町通りの七夕の光景

明治43(1910)年から仙台の七夕祭りは新暦の8月7日に行われるようになり、繁華街や商店街では賑やかな飾り付けが多くの見物客を呼び集めるようになっていました。大正時代には七夕に合わせて商店街での売り出しセール、昭和初期には七夕の飾り付けを競うコンクールも行われ、8月6日・7日に行われる盛大な夏の祭りとしてたくさんの観光客を呼び寄せる豪華な夏祭りとして全国的に広く知られるようになっていきました。

戦時中には一時中断もありましたが、昭和22(1947)年には昭和天皇の行幸に合わせて正式に復活。昭和23年からはそれまでの2日間の開催が3日間とされ、その後もさまざまなコンクールやコンテスト、パレードなども3日間の七夕祭りの期間に合わせて行われるようになり、現在のような町を挙げて取り組まれる大きな祭りへと発展してきました。

【参考文献】
・近江恵美子『仙台七夕 伝統と未来』(国宝大崎八幡宮 仙台・江戸学叢書3)平成20年 大崎八幡宮
・『仙台市史 特別編6・民俗』

―歴史とともに、家庭行事から商店街の催し、そして仙台を代表するイベントとして発展してきた「仙台七夕まつり」。
仙台市歴史民俗資料館で7月8日(土)より開催される季節展示「七夕と盆」では、仙台七夕まつりの変遷が分かる写真(絵葉書)や、七夕の頃農村で作られる「タナバタウマ」の展示が行われるとの事です。記事を読んでもっと仙台七夕の歴史を知りたくなった方は是非訪れてみてはいかが?

【季節展示「七夕と盆」】
■期間:7月8日(土)~8月27日(日)
■場所:仙台市歴史民俗資料館(仙台市宮城野区五輪一丁目3-7)
■料金:無料(※ただし入館料がかかります。)


【ビズプロ編集部】

 

取材協力

仙台市歴史民俗資料館 学芸員 畑井洋樹さん
住所:仙台市宮城野区五輪一丁目3-7(榴岡公園内)
TEL:022-295-3956
URL:http://www.city.sendai.jp/kyouiku/rekimin/
入館料:一般・大学生240円/高校生180円/小・中学生120円


この記事のタグ