HOME > 育てる > 【パパコラム第63話】パパも悩んでいます

【パパコラム第63話】パパも悩んでいます

パパの活躍は家族のカナメ-笑顔溢れるパパのススメ-
第63話は「パパも悩んでいます」。

子育てパパの悩みに気付いてあげよう

前回の続きで、大船渡でのパパ応援講座のお話です。
当日は10名くらいの方々に集まっていただきました。パパ同士の集まりではよくある事ですが、会場はただならぬ緊張感に包まれていました。男性同士の集まりだと相手がどこの人なのか、どんな人なのか、自分と話が合うのか…などを気にしすぎて警戒して、緊張感を持ってしまいます。そんな“話すキッカケ”を提供してあげましょう。近くの人同士でも一度話をしてみると、警戒心も薄れ、緊張もほぐれてきます。だんだんと笑顔も出てくるので、見ていてよく分かります。

参加者の皆さんに講座に参加したキッカケを聞いてみると、全員ママに連れられてきた方々でした。これもよくある事です。よく分からないものに参加するのも面倒ですし、時間が勿体無いと思ってしまうようです。
今回は男性保育士と未就学児のパパ達が多く参加してくれたので、若いパパ達に向けて自分の子育てや家事の経験を思い出しながら困った事や気付いた事を話していきました。

時間も程よく過ぎ緊張感も無くなった所で、子育てで悩んでいる事を共有する時間をとりました。自分の悩みを話す事に抵抗があるかと思いましたが、若いパパ達はそうでもなさそうで、真剣に話をしていました。そこに耳を傾ける保育士。予定時間より少し多めに話をしてもらいました。


 
パパ達は悩んでいるのです。子育てもやりたいし、夫婦円満を築き続けたいし、仕事もしっかりやりたい。真面目に取り組んでいるのですが、上手くいかない事がたくさんあります。そんな中で優先順位をつけると、どうしても「仕事」を第一に考えてしまうようです。生活がかかっているから仕方ないと思いますが、ママにとっては目の前の生活が家事・子育てですから、そこはなかなか理解されにくいようです。

悩んでいるパパの事をもっと知ってほしいと思います。ほんの少しでもお互いの悩みを知る事で理解が深まり、気遣いも生まれます。これからも悩んでいるパパを応援しようと思います。

【パパコラム第62話】はこちら

著者

NPO法人ファザーリング・ジャパン東北
事務局長 工藤 賢司

2011年3月の東日本大震災をキッカケに地域貢献を決意して活動を開始。
NPO法人ファザーリング・ジャパン東北の代表を努め「日本で一番、働きたくなる街、みやぎ」の創造を目指している。
現在は、
・イクメン、イキメン、イクボス講座
・働き方改革の指導
・家族間のコミュニケーションアップ
 など講演を行っている。
Facebook:https://facebook.com/kudo.coach
ファザーリング・ジャパン東北:http://fjtohoku.jp/

この記事のタグ