HOME > 育てる > 【コラム】子供の事故を防ぐ 外遊び6つのアドバイス

【コラム】子供の事故を防ぐ 外遊び6つのアドバイス


【※FQ JAPAN VOL.42(2017年春号)より転載】

子供に迫る危機を考えるシリーズ「家族を守るリスクマネジメント」。今回は事故について。
遊具や自転車、家の中にも危険は潜んでいる!大事なのは子供の成長に配慮した環境づくりだ。
 

発達段階や安全に配慮して遊具の設計も進化している

安全なものばかりになってしまうと子供の冒険心は育たないし、小さなケガは付き物。そういうことを通じて、子供は安全や危機管理を勉強していきます。遊具は子供の発達段階に応じて設計されているので、利用対象年齢表示などをよく注視してほしいですね。
 

日本にある遊具の安全性も徐々に高まってきている

例えば、滑り台だと小さな子供が登れないように、階段の一番下のステップを高くしているものがあります。また、階段を設置せずロープだけ垂らしたアスレチック遊具も多くあります。生産者責任が問われるアメリカやEUでは、遊具の下にはスポンジのように衝撃を吸収する柔らかな素材が敷いてあります。日本は諸外国に比べると遊具に対しての安全基準は緩やかと言われていますが、現在では日本でもそうした安全への配慮が求められるようになっており、実際に徐々に変わってきています。
 

日本の遊具の問題点は老朽化パパの頑張りで環境は変わる

一方、現在指摘されている日本の遊具の問題点は老朽化です。遊具が倒れて、遊んでいた子供が転落するといった事故は、親や子供自身の自助努力だけでは解決できるものではありません。もちろん、子供の冒険心を育むといった意味合いからもまったく関係のないことです。

そうした事故が起こらないように、地域のお父さんたちで集まって遊具を点検するなど、すぐやれることはあると思います。遊具の責任者・管理者の問題と考えず、そうした取り組みを自主的に行うことが、子供を取り巻く環境の改善に繋がっていくのではないでしょうか。
 

子供の事故を防ぐ6つのアドバイスとは?
この続きは、「FQ JAPAN 男の育児online」でお楽しみください。
 

取材協力

FQ JAPAN 男の育児online
☆雑誌社からのコメント☆
雑誌『FQ JAPAN』2017年夏号[VOL.43]6/1発売(定価500円)


 
 

この記事のタグ