HOME > 買う > 【今日は冒険家の日】「冒険」がテーマの本5選

【今日は冒険家の日】「冒険」がテーマの本5選

8月30日は「冒険家の日」
1965年には同志社大学南米アンデス・アマゾン遠征隊がアマゾン川の源流からの川下りに挑戦し成功、1970年に冒険家・植村直己氏がマッキンリー単独登頂に成功し、世界五大陸最高峰制覇を成し遂げました。さらに、1989年に海洋冒険家・堀江謙一氏が小型ヨットで太平洋を横断したのもこの日です。

そんなこの日に、何かにチャレンジしたくなるような「冒険」がテーマの本を、ヤマト屋書店仙台三越店の鈴木典子さんにお伺いしました。

「バッタを倒しにアフリカへ」(前野ウルド浩太郎)


 
バッタ博士こと前野ウルド浩太郎氏が、バッタの被害を食い止める為、単身でアフリカの危険地帯へ行くドキュメント。
価格:994円(税込)

「深夜特急① 香港・マカオ」(沢木耕太郎)


 
「インドからロンドンまで乗合バスで行く」ある日突然思い立った主人公は仕事を全て投げ出し旅に出ます。
途中で香港やマカオなど様々な都市を放浪する物語。思わず旅に出たくなる!
価格:529円(税込)

「ダンジョン飯①~⑤」(九井諒子)


 
モンスターを食べながらダンジョンを進む冒険者「ライオス」。スライム、ドラゴンなど襲い来る凶暴なモンスター達を倒し、食べる姿はまさに豪快!
価格:各670円(税込)

「メイドインアビス①~⑥」(つくしあきひと)


 
幼い主人公が秘境の大穴「アビス」へ降りながら、危険な生き物達と戦うダークファンタジー。
価格:各885円(税込)

「謎の独立国家ソマリランド」(高野秀行)


 
謎の独立国家「ソマリランド」。現代の秘境へ真相を確かめに行く著者のルポルタージュ。
価格:994円(税込)
 

季節の変わり目こそ新しい事に挑戦を!
気になった本があったら是非手に取ってみてはいかがでしょうか?

【ビズプロ編集部】
 

取材協力

ヤマト屋書店 仙台三越店
住所:仙台市青葉区一番町4-8-15 仙台三越定禅寺通り館地下2階
TEL:022-393-8541
営業時間:10:00~22:00
URL:http://booksyamatoya.co.jp/mitsukoshi/


この記事のタグ