HOME > 知る > 【今日は宇宙の日】宇宙を身近に感じてみよう

【今日は宇宙の日】宇宙を身近に感じてみよう

9月12日は「宇宙の日」。国際宇宙年であった1992年に科学技術庁(現在の文部科学省)と文部省宇宙科学研究所が日本にとってふさわしい宇宙の日を公募し、宇宙飛行士の毛利衛さんがスペースシャトルで宇宙に飛んだ9月12日が選ばれました。

人々が長い間憧れを抱いてきた「宇宙」はまだまだ知らない事がいっぱい。知っているようで意外と知らない宇宙の雑学を仙台市天文台の岩﨑さんに教えていただきました! 
 

月は5円玉サイズ!?

 
©仙台市天文台

秋といえば、お月見!お団子やススキと一緒に月を眺める…古くから伝わる日本ならではの習慣ですよね。
そんなお月見の新しい楽しみ方があるとの事!用意するものはお財布にある5円玉。一体、何に使うのでしょうか?

\5円玉の穴を月に当てはめてみると…?/
 
©仙台市天文台

穴の中にピッタリおさまりました!

実は、地球から見る月は5円玉の穴と同じ位の大きさに見えるのだそうです。腕を伸ばすと、ちょうど5円玉の穴に収まるサイズに。
しかし、昇りたての月やビルの隙間からみる月は大きく見える気がするような…。実はこれ、私達の目の錯覚によって起きる現象だったのです。
身近な風景に月が入る事で大きく感じてしまうのだとか。いつもより大きいなぁ、と感じた時も、5円玉の穴から覗くと一目瞭然!
今年の十五夜は10月4日です。5円玉を片手に月を眺めてはいかが? 
 

宇宙に超巨大台風が!?

台風が多くなる季節でもある秋。9月から10月にかけては「秋台風」と呼ばれ、多くの台風が日本を襲います。
なんと地球の兄弟星の金星にも、「スーパーローテーション」と呼ばれる秒速100mほどの非常に速い風がある事が判明しているのだとか!
気象庁では秒速54m以上の台風を「猛烈な台風」と定義していますが、金星でも“猛烈な風”が吹き荒れているようです。

なぜこのような現象が起きるのか、発見から40年ほど経った今も完全には解明されていません。
現在、金星探査機「あかつき」がこの謎を解き明かすべく調査をしています。今後金星の謎のさらなる解明に期待したいですね!

今の時期、ちょうど明け方には東の空で金星が明るく輝いています。
晴れた朝は、吹き荒れる風を想像しながら金星を眺めてみてはいかがでしょう。
 

宇宙一の食いしん坊は誰?

秋といえばやっぱり「食欲の秋」!秋は旬の食材が多く、ついつい食べ過ぎてしまいますよね。
宇宙では無限の胃袋を持つ、“大食い宇宙一”とも称される天体があるんです!
ものすごい重力でなんでも引き込み、1度入ったら決して出る事が出来ない天体…それは「ブラックホール」です。
極限まで密度が高まった天体で、理論上地球をビー玉サイズにぎゅっと圧縮するとブラックホールになるのだそう。
実際の宇宙では、太陽の約30倍以上の質量を持つ星が最期にぎゅっと収縮すると誕生します。
生まれたブラックホールは、宇宙最速王である光でさえ吸い込まれてしまう為、目では見る事が出来ないそうです。
つまり、いくら食べ過ぎて太ったとしても、気づかれないという訳ですね…羨ましい!

 

ロマンがいっぱい!イベントに参加して宇宙を身近に感じよう

秋に関する宇宙の雑学を3つご紹介しましたが、宇宙にはまだまだ面白い現象がた~くさんあります!
仙台市天文台では、宇宙に関する様々なイベントが開催されます。実際に体験して学ぶ事で、さらに宇宙の魅力に気づくキッカケになるはず♪

「仙台市天文台×東北大学大学院理学研究科公開サイエンス講座
第2回「星はすばる、銀河はすばる」-天文学専攻編-」

 
©仙台市天文台

私達の住む銀河系は、太陽のような星が数億個も集まったような大集団です。宇宙にはそのような「銀河」と呼ばれる天体が1千億個もあると考えられています。銀河は、一様に分布しているわけではなく、お互いに群れ集まっており、銀河群や数千個もの銀河が大集団を成した銀河団も多く存在します。また、銀河の形や性質は、銀河の密集度に大きく依存している事も知られています。イベント、美しい銀河宇宙の世界を体験出来るほか、それがどのように作られてきたのかを、すばる望遠鏡の最新観測結果の解説を通して学んでいきます。

■日時:9月17日(日) 14:00~15:30
■会場:仙台市天文台 加藤・小坂ホール
■料金:無料
■対象:どなたでも参加出来ます 
■定員:100名
■講師:東北大学天文学専攻 児玉 忠恭 教授
■申込方法:申込不要。当日直接会場へお越しください。
 



「宇宙の日作文絵画コンテスト入賞者作品展」
「宇宙の日」にちなんで開催される「作文・絵画コンテスト」。仙台市天文台に応募いただいた入賞者の作品を展示します。

■日時:9月1日(金)~10月31日(火) 開館時間中
■会場:仙台市天文台 プレショーギャラリー
■料金:無料
 



「宇宙の日作文絵画コンテスト表彰式・記念講演会『月をめざせ!~夢みたいを現実に~』」
 
©HAKUTO

 
▲吉田和哉氏

宇宙の日作文絵画コンテストの表彰式が行われます。
また、月面探査を目指すチームHAKUTOの吉田和哉氏による宇宙の日作文絵画コンテストのテーマ「月へ」についての記念講演会も実施されます。

■日時:10月29日(日) 13:00~15:00
■会場:仙台市天文台 加藤・小坂ホール
■料金:無料
■定員:100名(先着順)
■対象:小学生以上
■講師:東北大学大学院工学研究科 吉田和哉 氏
■申込方法:申込不要。直接会場へお越しください。


「お月見」に「宇宙の日」とまさに“宇宙づくし”の秋ですね!
秋の夜長に月を眺めながら宇宙の事を考える。そんな、「宇宙の秋」を過ごしてみてはいかがでしょう。

【ビズプロ編集部】

 

取材協力

仙台市天文台
住所:仙台市青葉区錦ケ丘9丁目29-32
TEL:022-391-1300

<開館時間>
9:00-17:00(土曜日は21:30まで※展示室は17:00まで)
※最終入館は閉館30分前まで
<休館日>
水曜日・第3火曜日(祝休日の場合はその直後の平日に休館)・年末年始
※学校長期休業期間中は開館
URL:http://www.sendai-astro.jp/

☆施設からのコメント☆
秋の天文台は、宇宙について詳しく知る事が出来る講座・講演会を多数開催いたします。小学生の方を対象とした講演会もございますので、ぜひ奮ってご参加くださいませ。