HOME > 育てる > 【パパコラム第68話】子どもが見ている大人の背中

【パパコラム第68話】子どもが見ている大人の背中

パパの活躍は家族のカナメ-笑顔溢れるパパのススメ-
第68話は「子どもが見ている大人の背中」。

仕事に家庭にPTA…楽しく生きるパパの背中を見せてあげよう

先日、イヤホンで音楽を聴きながら踊る「無音盆踊り」というものを初めて知りました。参加者には盆踊りを踊る前にラジオが配られ、それを身に付けて踊るというものです。集まった人々が踊り始めますが周囲には音が流れず、さらに内側と外側の輪で異なる音楽を流して踊る事も出来るようです。これは騒音対策の一環という事ですが、お祭りの賑わいもなく、インタビューを受けた子どもは一人で踊っているようでつまらないという事を言っていました。


 
この盆踊りもそうですが、保育園を作ると子どもがうるさいなどと反対する人がいるようです。どんな事があっても批判的に話をする人が増えてきたように思います。PTA活動に対しても批判的な声も多く、活動から抜けたいという話も聞こえてくるようになりました。PTAの一つの悩みとなっています。

その悩みを解消すべく、それぞれの会長がいろんな事を考えてやっています。活動から抜けたいという保護者とは真摯に話し合い、理由を聞くようにしています。中には「精一杯みんなが楽しく活動出来るようにします」と宣言している会長もいます。子どもの為と思えば頑張れますと言って、一生懸命頑張っている会長もいます。

PTA活動はパパのメリットとなる事もたくさんあります。活動を通して、様々な職業の人と会う事が出来ます。役割が増える分飲み会も増えますが、ストレス発散にもなるでしょう。繋がりを生かして仕事が増えたという方もいます。


 
熱心にPTA活動をしているパパさんは楽しそうにやっている人ばかりです。PTAだけではなく仕事や家庭生活においても生き生きしています。
パパがイキイキと活動している様子を見ている子ども達は、大人になったら楽しい事があると思ってくれます。子どもは大人の背中を見ています。せっかくなら楽しそうにしている背中を見せてあげましょう。辛い事もあるかもしれないけど、楽しい事の方が多いと見せてあげれば、将来に希望を持つ事も出来ます。パパさんが楽しむ事が子育てに一番良い影響をもたらします。パパさん、楽しい事をたくさんやりましょう。

【パパコラム第67話】はこちら

 

著者

NPO法人ファザーリング・ジャパン東北
事務局長 工藤 賢司

2011年3月の東日本大震災をキッカケに地域貢献を決意して活動を開始。
NPO法人ファザーリング・ジャパン東北の代表を努め「日本で一番、働きたくなる街、みやぎ」の創造を目指している。
 現在は、
・イクメン、イキメン、イクボス講座
・働き方改革の指導
・家族間のコミュニケーションアップ
 など講演を行っている。
Facebook:https://facebook.com/kudo.coach
ファザーリング・ジャパン東北:http://fjtohoku.jp/

 

この記事のタグ