HOME > 法人 > メイドイン岩手の「かき殻漆喰」中国の展示会に初出展

メイドイン岩手の「かき殻漆喰」中国の展示会に初出展

ビズプロでも過去に何度か取材した株式会社菊池技研コンサルタント(岩手県大船渡市)の「かき殻漆喰壁 海と太陽のめぐみ」が、9月15日~17日に中国で開催された「大連日本商品展覧会」に出展しました。

かき殻漆喰壁とは?


 
牡蠣養殖が盛んな三陸沿岸で問題となっていた牡蠣殻の産業処理を解決すべく、岩手県らが官民学のコンソーシアムを組み牡蠣殻の有効活用について研究・開発した結果、有害物質の吸着と分解、調湿、消臭効果がある事が判明。
その結果、牡蠣殻の特徴を活かした漆喰材(塗壁材)「かき殻漆喰壁 海と太陽のめぐみ」が誕生しました。

商品の詳細をもっと知りたい方は過去のビズプロ記事をご覧ください。
●2016年9月27日掲載記事→https://bizpro-x.com/article/2243
●株式会社菊池技研コンサルタント「企業解体新書」→https://bizpro-x.com/kaitai/241/

 

中国の展示会に初出展!

そんな「かき殻漆喰壁 海と太陽のめぐみ」が海を渡り中国へ。
中国東北部の玄関口である中国遼寧省大連市で開催された「大連日本商品展覧会」に出展しました。



 
 
菊池技研コンサルタントの高橋さんによると、持って行った資料が初日で無くなってしまう程だったとの事。
中国では健康に気を遣う方が多く、化学物質を吸着分解する「かき殻漆喰壁」にも関心を持っていたそう。
 

中国とのビジネスチャンス創出のキッカケとなる今回の展示会出展。
メイドイン岩手の「かき殻漆喰壁」が海を渡る日も近い!?今後の活躍に期待したいですね。

【ビズプロ編集部】
 

取材協力

株式会社菊池技研コンサルタント 水産バイオマス事業部
住所:〒022-0007 岩手県大船渡市赤崎町字石橋前11番地3
TEL:0192-47-3748
FAX:0192-47-5559
メール:biomass@k-giken.co.jp
URL:http://www.k-giken.co.jp/

この記事のタグ