HOME > 食べる > 秋の夜長に「オーガニックワイン」はいかが?

秋の夜長に「オーガニックワイン」はいかが?

秋の夜長にお酒を楽しみながらゆったりとしたひとときを過ごしてはいかがでしょう?
そんなシーンにおすすめしたいお酒が「オーガニックワイン」。名前は聞いた事があるけれど、果たして一体どんなワインなのでしょうか?知っているようで意外と知らない「オーガニックワイン」の魅力をご紹介します。

そもそも、「オーガニックワイン」とは?

近年ブームになっている「オーガニック」という言葉。何となく体に優しいのかな…というイメージで、きちんとした意味を知らないという方も多いのではないでしょうか?

一般的に「オーガニック(有機)」とは、作物や土壌に負担をかける農薬や化学肥料などを使用せず、環境と共生する有機農法を指し、その作物や畜産物、それらを使用した加工品に対して使われます。

 
※写真はイメージです。

この「オーガニック」の定義は国や認証する団体によって様々だそうですが、EU域内で生産されるワインの場合、EU委員会がオーガニックワインに対するルールを2012年に制定。
厳しい審査をクリアし、第3者機関による認証を受けて「オーガニックワイン」としての表示を認められるのだそうです!
 

ワイン選びのポイントは「認証マーク」!

世界に先駆けて取り組んでいるEU諸国のオーガニックワインには、『ユーロリーフ』という認証のロゴマークが表示されています。
日本とEUでは互いに有機制度の同等性が認められているので、オーガニックワインを選ぶ際にはこの認証マークを目印にしてみると良いでしょう。

 
▲ユーロリーフ

 

秋の夜長に味わいたいオーガニックワイン3選

栽培から醸造に至るまで、ぶどう本来の力を最大限に引き出す事を目指して造られる「オーガニックワイン」。
そのため、お値段は少々お高めなのでは…?と思われがちですが、お酒と嗜好品の専門店「やまや」ではリーズナブルな価格の商品が豊富に揃っています。
中でもおすすめのワインを、営業部の笠原さんにお伺いしました!
 

「レ ドーファン コートデュローヌ ルージュ オーガニック」
「レ ドーファン コートデュローヌ ブラン オーガニック」


 
▲赤・ミディアムボディ(左)/白・やや辛口(右)

赤は熟した果実やほのかにスパイシーなアロマが香る柔らかなタンニンが楽しめるワイン。白はパッションフルーツやピーチの風味が感じられる爽やかな後味のワインです。セットでプレゼントするのもおすすめ♪
各750ml 各1,058円(税込)【フランス】
 




「ヴァニタ ネロダヴォラ IGT オーガニック」

 
▲赤・ミディアムボディ

レッドフルーツなどの赤く熟した果実の味わいに、オークの香りを感じます。
750ml 1,058円(税込)【イタリア】
 



「アーサーメッツ クレマン ダルザス ブリュット オーガニック」

 
▲泡・白・辛口

クレマンダルザスはフランスでよく親しまれているスパークリングワイン。シャンパーニュと同じ伝統製法から造られる繊細な泡と桃やリンゴのフルーティなアロマの香りが魅力です。
750ml 2,138円(税込)【フランス】



今注目の「オーガニックワイン」が手軽に試せるのは嬉しいですよね。
是非、秋の夜長のリラックスタイムに楽しんでみてはいかがでしょうか?

※販売価格は掲載日10/23時点のものになります。変更となる場合もありますので、ご了承ください。


【ビズプロ編集部】
 

取材協力

株式会社 やまや
住所:仙台市宮城野区榴岡三丁目4-1 
TEL:お客様相談窓口 フリーダイヤル 186-0120-115145
URL:https://www.yamaya.jp/(店舗所在地等ご確認いただけます)


 

この記事のタグ