HOME > 食べる > 角田の紅茶専門カフェ「Cream Tea」でのんびりティータイム♪

角田の紅茶専門カフェ「Cream Tea」でのんびりティータイム♪

11月1日は「紅茶の日」。
1791年のこの日、伊勢の国(現在の三重県)の船頭・大黒屋光太夫が、ロシアの女帝・エカテリーナ2世のお茶会に招かれ、日本人として初めて本格的な紅茶を飲んだ事からきているそうです。

宮城県内にも紅茶を専門としたカフェは数軒ありますが、偶然にも10年前のこの日にお店をオープンさせたカフェが!
何か運命的なものを感じた編集部は角田市にある「Cream Tea(クリームティー)」さんにお邪魔してきました。

穏やかなご夫婦が営む、紅茶とスコーンのお店

 
▲ログハウスが目印!可愛らしい花が咲く庭先の手入れは、ご主人の担当なのだそう

阿武隈急行線角田駅より徒歩10分ほどの場所にある「Cream Tea」は、紅茶やスコーンなどのお菓子が楽しめるカフェ。
オーナーの小川慎一さんが奥様と2人で営んでいます。

元々は関西に住んでいた小川さんでしたが、宮城の気候は紅茶を楽しむのに最適だと感じ、中でも角田ののどかな田園風景や住民の穏やかな人柄に惹かれて2008年11月1日にお店をオープンさせました。

「クリームティー」はイギリスなどの庶民的な喫茶習慣の一つで、主に紅茶とスコーンのセットの事を指します。紅茶を気軽に楽しんでほしいという想いから、この言葉を店名に決めたのだとか。





▲所々に置かれた小物類も可愛らしい♪

お店の目印は、角田の豊かな自然にマッチした可愛らしいログハウス。店内に入ると心地良い木の香りが!床や天井、さらにはテーブルや椅子まで木がふんだんに使われた温もり溢れる空間からは、「仕事や家事で忙しい女性の皆さんに、少しでもゆっくり出来る場所を提供したい」というご夫婦の優しさが感じられます。

 



 
店内では、約30種類の紅茶を楽しめます。
紅茶の味は、産地による風味の違いはもちろん、ストレートティーやミルクティーなど飲み方によっても全く異なるように楽しみ方は無限大!いろいろ試して自分好みの一杯を探してみましょう。



紅茶と一緒に食べたいものと言えば、甘いお菓子!
「Cream Tea」では、お好きな紅茶とスコーンやシフォンケーキのセットメニューがお手頃価格で楽しめます。
材料にこだわり、一つ一つ丁寧に作られたスコーンやシフォンケーキは、どれも優しい味。紅茶との相性もバツグンです♪

「スコーンのセット」

 
プレーンのスコーン×アッサムミルクティーという王道の組み合わせです!
まろやかで飲みやすい紅茶と、外はサクッと中はふんわりのスコーンには生クリームやジャムを付けて召し上がれ。 730円(税込)


「日本茶に比べて、紅茶の美味しさや楽しみ方はまだまだ知られていないんです。だからこそ、もっと気軽に紅茶を楽しんでいただきたい」と小川さん。今回は特別に、自宅で出来る美味しい紅茶の淹れ方のポイントを教えていただきました!
 

<自宅で出来る美味しい紅茶の淹れ方>

① 紅茶には"汲みたてのお水"を使う事が大切!日本の水道水は紅茶に適している為、汲みたての水道水をポットで沸かしましょう。

② お湯はとにかく熱ければ熱いほど良いです。ここで大事なのは、空気を多く含む“沸かしたて”の新鮮なお湯で淹れるという事。ぐらぐら沸かすと、どんどん空気が抜けていってしまうので注意!

③ いよいよ紅茶を淹れていきます。“汲みたて”、“沸かしたて”ときたら“淹れたて”といきたい所ですが、ここは一呼吸置いてから飲むのがポイントです。熱すぎると味が分かりづらくなってしまうので、だいたい65~70℃位の温度で楽しむのがおすすめです。


この他にもお店では味の違いや飲み方について優しく丁寧に教えてもらえるので、分からない場合は相談してみるのも一つの手ですよ♪

 



せっかくの休日、家にいると周りのやらなければならない事が目に付いてなかなかのんびり出来ないものです。
そんな時は忙しい日常からちょっと離れて、「Cream Tea」の美味しい紅茶とお菓子でほっと一息ついてみませんか?

【ビズプロ編集部】

 

取材協力

Cream Tea
住所:角田市角田字柳町33-19
TEL:0224-62-5589
営業時間:12:00~19:00
定休日:月・火(※祝日の場合は営業)


 
 

この記事のタグ