HOME > 出かける > 日本酒を学んで味わおう♪宮城の地酒「一ノ蔵」の蔵見学

日本酒を学んで味わおう♪宮城の地酒「一ノ蔵」の蔵見学

宮城を代表する酒蔵「一ノ蔵」では、日本酒の製造工程を見学出来る「蔵見学」を行っています。
仕込みが本格化する10月以降は、実際に作業している様子も見られるとの事。という訳で、早速行って参りました!
 

見学無料!一ノ蔵の「蔵見学」とは?


 
宮城県大崎市松山にある「一ノ蔵」は、1973年(昭和48年)、県内の酒蔵4社(浅見商店、勝来酒造、桜井酒造店、松本酒造店)が企業合同してつくられた酒蔵です。



 
到着してまず最初に目に付いたのがこの大きな玉!これは「杉玉」というスギの葉を集めて球状にしたもので、別名「酒林」とも呼ばれています。
毎年新酒が搾られる頃、杜氏が葉を集めて作るそうです。緑色の酒林が蔵の軒先に掛けられたら、新酒が出来たという事を知らせるサインとなっているのです!ほとんどの酒蔵に吊るされているそうなので、見かけたら新酒はまだかな…と確認してみるのも良いかもしれませんね♪

さてさて、中に入って受付を済ませたら、まず最初にロビーで酒造りの流れをDVDで学習します。


 
観終わったらいよいよ製造工程の見学開始です!
一ノ蔵の日本酒が出来るまでには、

“玄米→精米(せいまい)→蒸米(むしまい)→種麹(たねこうじ)振り→引込み→盛り→仲仕事(なかしごと)・仕舞仕事(しまいしごと)→出麹(でこうじ)→酒母(しゅぼ)→醪(もろみ)の仕込み→上槽(じょうぞう)→濾過(ろか)→火入れ→貯蔵→瓶詰め→パストクーラー→仕上げ→販売”

…とこれほどの作業があるんですね!
蔵見学では、専用に設けた見学回廊から窓越しで各工程を見学する事が出来ます。


 
各工程の説明パネルやスタッフさんの説明(※)もあるので、お酒好きはもちろん、飲めない方でも楽しく学べます♪
※担当スタッフによる説明は、平日か休日(10名以上40名以下の団体で、見学希望日の1週間前まで予約された方に限ります)のお客様が対象です。



 
所々にちびっこ向けのクイズコーナーも!小さなお子さんでも楽しく酒造りが学べます。

 



 
この日は実際に蔵人が作業している様子も見る事が出来ました。
一ノ蔵では、1年間で約3万俵のお米を使っているのだそう!重さに換算すると1俵で約60㎏なので、3万俵=約1,800t!そのうちの約95%に宮城県産のお米が使用されています。まさに宮城の魅力がたっぷり詰まったお酒と言えますよね。



 
こちらは醪を攪拌(かくはん)する「櫂入れ(かいいれ)作業」に杜氏が使う櫂棒(かいぼう)という道具です。実際に持ってみる事が出来るのですが、長い上に結構重い!蔵や醪を管理する技とともに、酒造りには力も必要となる事を実感しました。


酒造りを一通り学んだ後は、お待ちかねの試飲です♪


 
取材時はこちらのお酒が試飲出来ました。(※未成年や車を運転される方は試飲出来ません)



 
ロビーでは日本酒を購入する事も出来ます。是非手に入れていただきたいのは「蔵見学記念酒」1,441円(税込)。
ここだけしか手に入らないお酒です!
平日と休日(土日祝)では見学方法や購入出来るお酒が異なりますので、ご注意ください。
 

一ノ蔵 蔵見学

●平日
・公開時間:9:30~15:00(担当スタッフがご案内します)

・所要時間:約1時間(希望によって変更可)

・入館料:無料

・きき酒:あり

・お酒販売:ロビー売店で販売(一部販売不可の商品あり)

※当日予約も可能ですが、都合によりお断りする場合もありますので事前予約がおすすめです。

●休日(土日祝)
・公開時間:10:00~15:00(担当スタッフがつかない自由見学)
※10名以上40名以下の団体で、見学希望日の1週間前まで予約されたお客様は、希望によりスタッフ説明付きの見学が可能です。

・入館料:無料

・きき酒:あり

・お酒販売:「蔵見学記念酒」のみロビー売店で販売

※見学は必ず事前予約が必要です。

●予約方法
①電話…TEL:0229-55-3322(代) 担当/管理課
※受付時間:平日9:00~17:00 ※土日祝を除く
②ホームページ…http://www.ichinokura.co.jp/pg378.html
(注意)6月中旬~9月上旬はお酒の仕込みを行っておりません。この期間は平日のみの対応となります。

 



数多くの工程を経て作られる日本酒の奥深さを知る事で、より一層美味しく感じられるかもしれません。
米どころ・宮城が生む伝統の日本酒を学び、味わってみてはいかがでしょうか?


【ビズプロ編集部】

 

取材協力

株式会社 一ノ蔵
住所:大崎市松山千石字大欅14
TEL:0229-55-3322(代)
FAX:0229-55-4513
URL:http://www.ichinokura.co.jp/

 

この記事のタグ