HOME > 育てる > 【パパコラム第75話】家事の幅を広げて楽しもう!

【パパコラム第75話】家事の幅を広げて楽しもう!

パパの活躍は家族のカナメ-笑顔溢れるパパのススメ-
第75話は「家事の幅を広げて楽しもう!」。

夫婦円満の為の家事分担のコツ


 
先日、テレビで食器洗いがストレス解消になるという研究結果が報告された事が紹介されていました。水を使う事、食器がキレイになる達成感、一定のリズムで洗う事が良いのだそうです。

実際、パパさんに聞くと食器洗いをやっている方が多く、中には仕事の良いアイディアが生まれてくると話す方もいました。反面、毎日の家事なので、食器洗いをストレスに感じるママさんが多いという調査結果も出ています。私もやってみて分かったのですが、結構時間がかかるのです。料理をしている最中にもどんどん出てくるので、その分食器洗いの時間も多くなります。その事を理解して、積極的にママさんのサポートをしましょう。ストレス解消にもなるという事であれば、家事をこれから始めるパパさんはおすすめです。

食器洗いを始めようと決めたら、次に続ける事が必要です。週末であれば最低1回はやる。毎週続けていき、自分の仕事にしてしまう事で、たまにやってママのご機嫌取りをしているものでは無くなります。出来ない時は素直に「出来ない」と伝えるだけで十分です。家事をやってみる姿勢と、素直な気持ちを伝える事に気をつけていれば、ママさんも家事をやる事に抵抗が無くなります。

ここまでやるとパパさんも満足するのですが、実はこれだけでは足りないのです。食器洗いだけをやっていると、ママさんの不満が生まれてくる場合があります。やりたい事しかやらないとか、食器洗いしか出来ないとか。パパさんに対する期待が大きいのと、実は頼りたいという思いから出てくる不満です。そんな時は食器洗いを手始めに、他の家事にも取り組むようにしましょう。洗濯物を干す事や掃除など、ある程度出来るようになるまでやります。家事が出来るようになったら、ママさんと家事をシェアしましょう。ここまでくるとママさんも認めてくれるようになり、パパさんも自分のスケジュールで家事が出来るようになります。最初は苦労する事もありますが、自分の出来る範囲を広げる事で、自由に使える時間の調整が可能になります。将来、夫婦円満で楽しく過ごす為に、出来る家事から始めてみませんか?




【パパコラム第74話】はこちら

 

著者

NPO法人ファザーリング・ジャパン東北
事務局長 工藤 賢司

2011年3月の東日本大震災をキッカケに地域貢献を決意して活動を開始。
NPO法人ファザーリング・ジャパン東北の代表を努め「日本で一番、働きたくなる街、みやぎ」の創造を目指している。
現在は、
・イクメン、イキメン、イクボス講座
・働き方改革の指導
・家族間のコミュニケーションアップ
 など講演を行っている。
Facebook:https://facebook.com/kudo.coach
ファザーリング・ジャパン東北:http://fjtohoku.jp/


この記事のタグ