HOME > 育てる > 【コラム】ベストショットを逃さない10の子供撮影術

【コラム】ベストショットを逃さない10の子供撮影術


【※FQ JAPAN VOL.24(2012年秋号)より転載】

我が子の成長の記録をどれだけうまく残せるかは、いつでも父親たちの大テーマだ。写真に残したい大切な瞬間をしっかりと収めるための、10の撮影術を紹介しよう。

屋外で日差しを活用して
活き活きとした表情をゲット!


 
ピントも合いやすく、シャッタースピードも速くできる昼間の屋外での撮影は我が子のベストショットを狙うには絶好の機会。赤ちゃんの場合はちょっと逆光気味で撮影すると柔らかな表情を捉えやすいし、活発な子供の場合は大胆に遊ばせながら撮影するとダイナミックな瞬間を捉えやすい。背景に緑を入れてアクセントをつけるのもオススメ。

 

低い姿勢をとって
子供と同じ視線で撮影


 
これは基本中の基本ともいえる撮影テク。大人の目線で撮影をすると、当然ながら子供の頭ばかりを撮ってしまうことになるので、カメラの位置を子供の目線くらいに下げて撮影してみよう。子供はカメラのレンズでなく、撮影者の顔を見てしまうものだから、レンズと一緒にこちらもしゃがんで姿勢を低くするのが大切。スケール感のあるカットも押さえやすい。
 

つるすべな我が子の肌は
明るめに撮るのが◎


 
普段の撮影状態より露出を少しプラス補正してみるのも撮影術の王道テク。子供の肌はうらやましいほど、つるつるすべすべなもの。特に屋外での撮影の場合は、ぜひプラス補正での撮影にチャレンジしてみよう。また黒っぽい服を着ているときや背景が暗いときは、顔が明るくなりがちなので、プラス補正はほんのちょっとでもOK。逆に白っぽい服のときはプラス補正を強めにするのもコツだ。

まだまだあります、ベストショットを逃さない撮影術!
この続きは、「FQ JAPAN 男の育児online」でお楽しみください。

 

取材協力

FQ JAPAN 男の育児online

☆雑誌社からのコメント☆

雑誌『FQ JAPAN』2017年秋号[VOL.44]9/1発売(定価500円)


 
 

この記事のタグ