HOME > 知る > どうして正月に「おせち料理」を食べるようになったの?

どうして正月に「おせち料理」を食べるようになったの?

お正月の食卓に欠かせないものと言えば「おせち料理」。
毎年当たり前のように食べていますが、なぜお正月に食べるのか皆さんは知っていますか?そもそも“おせち”って言葉はどこからきたのでしょうか?
…そんなギモンを仙台歴史民俗資料館の畑井さんに解決いただきます!

元々はお正月だけのものではなかった!?


 
―「おせち料理」はいつ頃から食べられるようになったのでしょうか?

畑井さん:「おせち」は「御節供(おせちく)」という言葉を省略した言葉で、もともとは徳川幕府が定めた五節句【1月7日(人日)、3月3日(上巳)、5月5日(端午)、7月7日(七夕)、9月9日(重陽)の5日】に食べる料理の事を意味する言葉です。

それぞれの日に神様にお供えする食べ物の事を「御節供」「おせち」といい、今でも3月の桃の節句の時に甘酒を用意してハマグリのお吸い物を作ったり、5月の端午の節句に粽(ちまき)を食べたりする所に、かつての「御節供」「おせち」の名残が現れています。

明治時代以降、五節句の風習の中には廃れてしまうものもありましたが、お正月の料理は「おせち」の代表として現在も続けられています。

ちなみに、おせち料理と言うと重箱に詰められた料理をイメージされるかと思いますが、このルーツは江戸時代にありました!
江戸時代には年迎えのお膳の事を「おせち」と言い、その他に重箱などにごちそうを詰めてお正月を迎えていた事から、現在ではそれらをまとめて「おせち」と言うようになったようです。
 

おせち料理の食材には一つ一つ願いが込められている!

畑井さん:華やかに重箱に詰められるおせちの食材には、一つ一つに願いが込められています。

主な食材に込められた願いを挙げてみますと、

☆黒豆

 
マメに(忠実に、丈夫に)暮らせるようにという願いが込められています。
 

☆数の子

 
ニシンの卵。一度にたくさんの卵がある事から、子宝に恵まれるようにという願いが込められています。
 

☆田作り(ごまめ)

 
田んぼの肥料にもなったカタクチイワシで作る事から、豊作になるようにという願いが込められています。

※参考文献 新谷尚紀・関沢まゆみ編『民俗小事典 食』(吉川弘文館、2013年)

 



おせち料理の由来や食材に込められた意味を知りながら食べると、よりいっそう美味しく感じるかもしれませんね♪


仙台市歴史民俗資料館では、現在 特別展「Winter Life in Sendai~仙台の冬のくらし~」を開催中【~2018年4月15日(日)】。
昔の方が大晦日に食べたお正月のお膳などの紹介のほか、昔のスキーやスケート靴など冬のスポーツの道具も展示されています。この機会に是非訪れてみてはいかがでしょうか?

【ビズプロ編集部】
 

取材協力

仙台市歴史民俗資料館
住所:仙台市宮城野区五輪一丁目3-7(榴岡公園内)
TEL:022-295-3956
URL:http://www.city.sendai.jp/kyouiku/rekimin/