HOME > 出かける > クリスマスは天然のイルミネーションを楽しもう♪

クリスマスは天然のイルミネーションを楽しもう♪

クリスマスに向けて、街中ではイルミネーションが続々と点灯しています。
キラキラとした灯りを楽しむのも良いですが、“天然のイルミネーション”も負けていませんよ!聖なる夜に恋人と星空を眺めながら過ごす…なんてロマンチックじゃありませんか!?
クリスマスに楽しめる星座や観察のポイントを仙台市天文台の熊田さんにお伺いしました♪

クリスマスの夜空に煌めく「十字架」とは!?

―今年のクリスマス(12月23日~25日ごろ)に見られる星座を教えていただけますでしょうか?

熊田さん:今回はクリスマスにぴったりの「はくちょう座」をご紹介します。
はくちょう座は夏の星座の1つですが、今の時季でも19時ごろにはまだ西の空に残っています。くちばしの先端が地面へと近づく為、その姿は、まるで地上に突き刺さる十字架のよう。「クリスマスの十字架」という愛称もあるそうです。

はくちょう座は比較的明るい星が多いので、見つけやすい星座です。1等星の明るい星“デネブ”を目印に探してみてください。
元々クリスマスのイルミネーションは、木々の間から見えた星の姿を再現しようと室内に飾ったロウソクに明りを灯したのが始まりとされています。イルミネーションの始まりでもある美しい星空。この冬は、大切な人と一緒に、きらめく星々を眺めてみてはいかがでしょう?

 
▲クリスマスの時季に見られるはくちょう座(©仙台市天文台)

 

冬の天体観測の服装&便利アイテム

冬の天体観測で忘れてはいけないのが防寒対策!寒くてそれどころじゃない!!なんて事にならないように、天体観測にふさわしい服装と、持っていくと便利なグッズを教えていただきました。

<服装>
●コート…持っているコートの中で一番暖かいコートを選びましょう。ダウンやスキーウェアなど、きちんと防寒出来るものがおすすめです。

●手袋…星空の写真を撮る方は5本指の手袋がおすすめ。手が冷えるので、カイロもあるとなお良いでしょう。

●マフラー…寒さは首からとも言われます。しっかりマフラーを巻いて防寒しましょう。

●帽子…長時間外にいると頭が冷えてしまうのでこちらも必須アイテムの一つ。
 

<便利グッズ>
●レジャーシート…ごろんと寝転べば、首が痛くならずに星空を長時間観察する事が出来ます。

●懐中電灯…星空観察の必需品。赤色の光は、光の中で一番目に優しく瞳孔が閉じづらいという特徴がある為、赤いセロファンを巻くとより観察しやすくなるでしょう。

●毛布…寝転ぶとコートのすき間から風が!?毛布に包まれて暖まりましょう。

●カイロ…足先やお腹に貼るカイロがおすすめです。油断せずに準備しましょう。

 

クリスマスバージョンのプラネタリウムでデートもバッチリ♡


©仙台市天文台
 
室内でも星空が楽しめる「プラネタリウム」はロマンチックなクリスマスデートにぴったり♪仙台市天文台では、12月23日(土)までの期間、プラネタリウム音楽の時間「STARRY Xmas」を実施中!
クリスマスにまつわる星の話や、星夜のクリスマスソングが楽しめます。星空と音楽のコラボレーションをご覧あれ♪

 




冬の夜空には明るい一等星が沢山ある為、どの季節の夜空よりも賑やかに見えるのだそう。
くれぐれも風邪を引かないように注意して、クリスマスは大切な人と星空を眺めるロマンチックな夜を過ごしてみてはいかがでしょう?


【ビズプロ編集部】

 

取材協力

仙台市天文台
住所:仙台市青葉区錦ケ丘9丁目29-32
TEL:022-391-1300
FAX:022-391-1301
URL:http://www.sendai-astro.jp/

☆施設からのコメント☆
展示室の改修工事に伴い、2018年1・2月は展示室の観覧が休止となります。
プラネタリウムと望遠鏡はお楽しみいただけますので、年が明けてからも、ぜひ遊びにいらしてください。