HOME > 食べる > 正月の胃袋疲れに優しい「簡単レトルト粥」

正月の胃袋疲れに優しい「簡単レトルト粥」

お正月についつい暴飲暴食して弱ってしまった胃には、優しい味わいのお粥がぴったり。レトルトだからママも楽ちん!にしき食品(岩沼市)が手掛ける「にしきや」レトルト粥の美味しさのヒミツをご紹介します♪

お米と出汁にとことんこだわった、ごちそうレトルト専門店自慢のお粥

▲あいがも農法
 
『美味しいお粥はまずお米から』。にしきやのお粥に使うお米は、農法から吟味して選ばれています。

「白がゆ」は素の美味しさが基本になる事から、あいがも農法の宮城県産ひとめぼれを使用。農薬・化学肥料を使わずに、手間ひまかけて育てた特別栽培米です。浄水器で磨いた水を使う事により、ふっくらと美味しいお粥に仕上がるのだそう。
「玄米がゆ」は、化学肥料を使わない「微生物自然農法」で育て、自然乾燥でじっくり乾燥させた、残留農薬ゼロの福井県産コシヒカリを使用。


▲鶏だし
 
また、お米だけでなく出汁にもこだわって作られています。
「おだしおかゆ」の鶏だしは、抗生物質を使わない飼料で育てた伊達鶏の鶏がらを使用。香味野菜とともにじっくり煮込んだ、上品な旨みが特長です。
鰹だしは鹿児島県産・枯本節に北海道産・日高昆布の一等品を加えてだしを取るこだわりよう。高級料亭さながらの味わいです。
 

お正月の胃袋疲れにしみる…「にしきや」お粥4選

「おかゆ【白米】」 178円(税込)




 
 
あいがも農法で育てた宮城県産ひとめぼれを使った白がゆです。
お米の美味しさをそのまま食べてほしいという思いから、あえて味付けはしていないのだそう。

 




「おかゆ【玄米・小豆】」 192円(税込)




 
 
こだわりの農法で作った福井県産コシヒカリと、北海道産小豆を使った玄米がゆ。ほんのり塩味がついているので、玄米の美味しさをしっかり味わう事が出来ます。

 



 

「おだしおかゆ【鶏だし・伊達鶏】」 309円(税込)




 
 
伊達鶏の鶏がらを香味野菜と一緒にじっくりと炊き出した鶏出汁で宮城県産ひとめぼれを炊き上げた一品。口に入れた瞬間に広がる鶏と野菜の上品な美味しさがたまりません♪

 


 

「おだしおかゆ【鰹だし・枯本節】」 309円(税込)




 
 
かつおと昆布から取った出汁で宮城県産ひとめぼれを炊き上げました。
一番出汁のみを使用して炊き上げたお粥は、高級料亭さながらの味わいです。

 

お粥はアレンジ次第で楽しみ方無限大!

そのままでも充分美味しいお粥ですが、にしき食品の森さんによると「お粥にトッピングをして食べるのもおすすめです!」との事。

先ほどご紹介した商品を例に挙げてみると、
・おかゆ【白米】⇒梅干し・佃煮
・おかゆ【玄米・小豆】⇒さつまいも・かぼちゃ
・おだしおかゆ【鰹だし・枯本節】⇒梅干し・おかか
・おだしおかゆ【鶏だし・伊達鶏】⇒卵黄


お粥って体調が優れない時に食べるイメージですが、工夫次第で普段の食事にも取り入れやすくなります。
ヘルシーなのも女性にとって嬉しいポイントですね♪
お正月の胃袋疲れはもちろん、普段の食卓にも是非お粥を取り入れてみてはいかがでしょうか?


【ビズプロ編集部】

 

取材協力

にしきや本店
住所:岩沼市下野郷新関迎265-1
TEL:0120-19-2498(平日10:00~17:00)
URL: http://nishikiya-shop.com



 

この記事のタグ