HOME > 知る > 年末年始の宮城県の天気は?初日の出は見える?

年末年始の宮城県の天気は?初日の出は見える?

2017年も残すところあと少し。年末年始にあれこれ予定を立てている方もいらっしゃるのでしょうか?
となると、やはり気になるのが天気ですよね。年末年始の宮城のお天気情報を「仙台放送みんなのニュース」のお天気コーナーを担当する平野気象予報士にお聞きしました!

宮城県年末年始ピンポイント予報 



 

【29日:寒気の影響で真冬の寒さ】
29日は、西高東低の冬型の気圧配置となります。雪の降るところは西部山沿いの一部に限られそうですが、寒気の影響で、晴れても気温は5℃前後のところが多くなりそうです。風も強く、体感温度はさらに低くなりますから、真冬の服装でお出かけください。

【30日:次第に冬型緩む】
30日になると、冬型の気圧配置は次第に緩みます。山沿いでも雪は止み、晴れるところが多くなりそうです。寒気も次第に抜けるため、気温も少し高くなります。

【31日:天気はゆっくり下り坂】
31日は、低気圧が接近する見込みです。晴れ間の出る時間はありそうですが、天気はゆっくり下り坂で、夜は雨の降る可能性があります。気温は30日よりも高くなりそうです。

【1日~3日:再び冬型 年始寒波】
1日は、低気圧や前線が通過して雨や雪の降る時間があり、その後は再び冬型の気圧配置となります。寒気が流れ込み、山沿いでは再び雪となりそうです。平地は晴れ間が出そうですが、気温は上がりにくく、風も強まって寒くなりそうです。

 

2018年、初日の出は見られる?

―新年の幕開けは美しい初日の出を拝みたい!果たして2018年は見る事が出来るのでしょうか…!?



平野気象予報士:初日の出を見るには、残念ながらあまり条件はよくありません、低気圧や前線が東北地方を通過する見込みで、朝にかけて、雨や雪の降る可能性があります。朝日が雲に隠されてしまうことも十分に考えられる状況です。ただ、可能性がまったくないわけではありません。外で初日の出を見る予定のある方は、防寒対策に加えて、雨や雪の対策もしておいたほうがよさそうです。今後、予報が変わる可能性もありますから、日々最新の天気予報をチェックしてください。

 




出掛ける機会が多くなる年末年始だからこそ、天気予報はこまめに確認!
体調管理にはくれぐれも気を付けて、充実した時間を過ごせますように♪


【ビズプロ編集部】

 

取材協力




平野 貴久(ひらの たかひさ) 気象予報士
1980年6月17日生まれ。愛知県出身。
 「仙台放送みんなのニュース」(月~金18:14~)の天気コーナー担当。

☆コメント☆
天気マークには、一目見ただけではわからない情報がたくさん隠れています。同じ晴れでも、穏やかで暖かかったり、風が強かったり、さまざまです。宮城県に特化して、そうしたマークだけではわからない、細かな部分まで情報を伝えられるような天気予報を日々心がけています。