HOME > 育てる > 【子育てママ応援コラム第10話】自己評価を上げる

【子育てママ応援コラム第10話】自己評価を上げる

パフォーマンス・エンハンスメントコーチ、林 健太郎氏による―子育てママ応援コラム―
第10話は「自己評価を上げる」。

ついつい自分に「ダメ出し」していませんか?


 
スポーツやビジネスのどちらにも共通する事なのですが、成績が良い人は自己評価が高く、成績が悪い人は総じて自己評価が低い事が多いです。

人間にはホメオスタシス(恒常性維持機能)というものがあります。
体温を保つ為に暑ければ汗をかき、寒ければ勝手に震えてしまい熱を作り出そうとする働きの事です。これは自動的に行われているのですが、身体だけではなく同じような作用がスポーツやビジネスにもあります。

平熱を保とうとするのと同じく、自己評価通りの成績を保とうとする“メンタルホメオスタシス”(私が勝手につけました)が働いてしまうのです。
だから自分では「成績を上げたい」と望んでいるのに成績が上がってきた所で、やる気が無くなったり、体調が悪くなったりして、結局いつも通りの結果になってしまいます。

つまり自己評価を上げない限り成績は伸びない訳です。
自己評価を上げる為には、周りの人に自己評価が下がるような言動などをして欲しくないのですが、他人はコントロール出来ません。


なので、まずは
「またやってしまった。何をやってるんだ」とか
「やっぱり私には無理だ」といった自分にダメ出しをするのを止めるようにしましょう。

心配しなくても周りにダメ出しの専門家のような人は沢山います。
ダメ出しされた事というのは、大体が「あなたに言われなくてもそんな事分かっているよ」と思う事ばかり。

それなのに自分で同じようなダメ出しをしている人が多いのです。
他人はコントロール出来ないけれど、せめてコントロール出来る自分に対してのダメ出しを止める事から始めてみてください。


【子育てママ応援コラム第9話】はこちら

 

著者


 
林 健太郎
株式会社CROSSOVER 代表取締役
パフォーマンス・エンハンスメントコーチ(パフォーマンスを最大化する)

認知科学をベースとしたコーチングを展開し、
プロスポーツ選手や企業・学校・個人に対してマインド(脳と心)の使い方を教えている。

・思い通りの結果を出す脳の使い方
・成長を加速させる子供や部下との関わり方
・お客さんに「あなたから買いたい」と言わせる逆指名の営業術
・努力をせずに簡単に痩せられる脳の使い方
などの講座を行なっている。

Facebook:https://www.facebook.com/kentaro.hayashi.900
Instagram:coach.kentaro(林健太郎)



 
著書「コーチング営業」 【購入はこちらから】