HOME > 知る > 宮城の冬を暖かく過ごす「住まいの寒さ対策」のススメ

宮城の冬を暖かく過ごす「住まいの寒さ対策」のススメ

冬の寒さはまだまだ続きます。お家の寒さ対策はきちんと出来ていますか?
大規模なリフォームはなかなか時間や金銭的にも難しい…。そこで今回は、すぐに出来る“住まいの寒さ対策”をご紹介していきます♪

家づくりのプロが語る、手軽に出来る住まいの寒さ対策


 
結露、隙間風と冬の住まいの悩みは結構あるものです。住宅・リフォーム会社のマイホームデザイン(仙台市太白区)の遠藤光二社長に、手軽に出来る寒さ対策のポイントを3つ教えていただきました。
 

ポイント①「窓に断熱フィルムを貼るだけで暖かく!」
遠藤社長:冬は既存の窓から50%くらいの熱が逃げて行きます。その熱損率を下げるには、既存の窓の内側にもう一枚樹脂製のサッシを取り付ける事が効果的ですが、ガラスに断熱フィルムを貼る事で多少の熱損失は防げます。
 

ポイント②「給湯器の点検は必須です」
遠藤社長:10年以上経過している給湯器を使用していると、熱効率が悪くなり無駄にエネルギーを消費している場合がありますので、寒い洗面所等でお湯が出るまで待たなければなりません。これも一つの寒さ対策!一度点検する事をおすすめします。
 

ポイント③「今すぐ出来る!トイレ・浴室のヒートショック対策」
遠藤社長:寒い時期、トイレや浴室は室内温度差による「ヒートショック」で人命に関わる事があります。ヒートショックは事前に準備しておけば防げる事故です。浴室は入る前に床や壁にあらかじめお湯をかけておくと、入った時の温度差は軽減出来ます。トイレはセラミックヒーターのタイマー式のものを使えば、ある一定温度でストップしますので便利です。これで温度差は解消出来ます。
 



家の事となると大規模な工事が必要になるかな…と考えがちですが、自分自身で出来るような事もたくさんあるのですね!
窓ガラスにフィルムを貼る事などはちょっとしたコツが必要になりますが、時間をかけてじっくり貼れば誰でも出来ます。また給湯器の点検は専門の業者さんに頼む事になりますが、10年を目途に買い替える事も視野に入れていた方が良いそうですよ。


【ビズプロ編集部】

 

取材協力

株式会社マイホームデザイン
住所:仙台市太白区中田町字神明東7番地
TEL:フリーダイヤル 0120-710-146
URL:http://www.myhome-design.com

☆企業からのコメント☆
リフォーム、新築、不動産と幅広く手掛けております。営業、設計、現場監督、宅建士と各々のプロが連携し、お客様のご要望を叶えます。地域に根差して創業32年になります。様々な経験を生かし地域に貢献したいと思っております。