HOME > 出かける > 宮城県内2月イベント

宮城県内2月イベント

2月と言えば1年で最も短い月ですが、節分やバレンタインなど季節行事が盛りだくさん。
宮城県内でも様々なイベントが開催されますよ~!市町村ごとに分けてご紹介しますので、是非参考にしてみてくださいね。

気仙沼市

「ウィンタークルーズ 気仙沼 ―冬のだんらん ごちそう体験―」

 
市内加盟店48店舗が、気仙沼クルーカード会員(クルー)限定の特別メニューやサービスなど様々な特典をご用意!
詳しくはこちら⇒https://crewship.net/winter2018/

■期間:2月1日(木)~3月25日(日)
■場所:気仙沼市内
■問い合わせ先:気仙沼クルーシップ事務局 TEL:0226-25-7115

 

白石市

「雛の宴展」

 
春を告げる表情豊かな愛らしい木地雛を展示・販売します。

■期間:2月3日(土)~3月4日(日)
■時間:9:00~16:00
■場所:弥治郎こけし村(白石市福岡八宮字弥治郎北72-1)
■問い合わせ先:弥治郎こけし村 TEL:0224-26-3993
 



「白石・人形の蔵の雛まつり」

 
江戸時代の享保雛・古今雛をはじめ、江戸から昭和までの土人形含め約100体の雛人形を展示します。

■期間:2月10日(土)~4月8日(日)
■時間:10:00~16:00
■場所:白石・人形の蔵(白石市城北町4-18)
■問い合わせ先:白石・人形の蔵 TEL:0224-26-1475
 



「壽丸屋敷のほっこりおひなさま展」

 
大正時代から昭和中期のお雛さまのほか、つるし雛や手作りお雛様を展示・販売します。

■期間:2月16日(金)~3月11日(日)
■時間:10:00~16:00
■場所:壽丸屋敷(白石市中町48-5)
■問い合わせ先:壽丸屋敷 TEL:0224-25-6054

 

角田市

「企画展『雛人形』」

 
伊達政宗公御息女・牟宇姫(むうひめ)が角田三代館主石川宗敬公にお輿入れした時に持参したと伝わる雛人形を展示。高さ45cm、幅66cmの大きなサイズのお雛さまは全国的にも珍しく、貫禄と気品があり見応え十分です。

■日時:2月17日(土)~3月18日(日)9:00~16:30
■場所:角田市郷土資料館(角田市角田字町17)
■問い合わせ先:角田市郷土資料館 TEL:0224-62-2527
 



「第2回春のどんぶりまつり」

 
角田産食材を活かしたどんぶりが15丼揃いました。すべて食べればコンプリート賞対象などスタンプラリーも楽しめます。
角田市郷土資料館の「雛人形展」を鑑賞後、どんぶりまつりに参加してみては?

■日時:2月17日(土)~3月11日(日)
■場所:おいしいかくだ各店
■問い合わせ先:角田市商工観光課 TEL:0224-63-2120

 

登米市

「米川の水かぶり」

 
国の重要無形民俗文化財にも指定されている「米川の水かぶり」は、藁で作った腰みのやかぶり物を身に付け、顔に墨を塗り神々の使いとなった男たちが、家々の戸口に用意された桶の水を屋根にかけながら町を走り抜けます。毎年2月の初午の日に古くから伝わる火伏せのまつりです。出発地となる大慈寺境内の広場では、豚汁や特産品の販売などが行われます。

■日時:2月7日(水)10:30出発
■場所:五日町市街地(登米市東和町米川)
■問い合わせ先:登米市米川公民館 TEL:0220-53-4155

 

栗原市

「第53回春を呼ぶ裸たるみこし」

 
毎年節分の夜に行われる祭りで、「交通安全・無病息災・五穀豊穣」を祈願し、25歳の厄年の男が中心となりみこしを担いで地区内を練り歩きます。
みこしの上に酒樽を乗せている事から「たるみこし」と呼ばれ、大うちわと太鼓の先導で街を練り歩き、紅白の餅を配って歩きます。沿道の人々は「鬼は外、福は内」と福豆をまき、みこしめがけて水をかけ厄を落とす行事です。

■日時:2月3日(土)19:00~20:00
■場所:一迫地区真坂商店街(栗原市一迫真坂)
■問い合わせ先:(一社)栗原市観光物産協会 TEL:0228-25-4166
 



「第13回花山雪っこまつり」

 
栗原市花山地区の冬の恒例イベント「花山雪っこまつり」。雪上ドッチビー大会やスノーモービル乗車体験、足湯が楽しめます。

■日時:2月10日(土)・11日(日)10:00~15:00
■場所:花山農山村交流センター及び道の駅路田里はなやま前(栗原市花山字本沢北ノ前122-1)
■問い合わせ先:第13回花山雪っこまつり実行委員会(道の駅路田里はなやま内) TEL:0228-56-2265
 



「第19回くりこま商家のひな祭り」

 
古き良き時代の栗駒地区商店街の賑わいを取り戻す為、くりこま商家に伝わる「ひな人形」による雛祭りを開催。今年は市民の皆さんが作った栗原市の木「ヤマボウシ」のつるし飾りがメイン会場に展示されます。

■期間:2月24日(土)~3月4日(日)
■時間:10:00~16:00
■場所:岩ヶ崎地区内の参加店並びメイン会場※㈲佐々木金物店隣(栗駒岩ヶ崎六日町30)
■問い合わせ先:栗駒鶯沢商工会 TEL:0228-45-2191
 



「みちのく風土館ひな祭り」

 
江戸時代から昭和初期までの雛人形や珍しい人形などを多数展示。

■期間:2月24日(土)~3月4日(日)
■時間:10:00~16:00(最終入館15:30)
■場所:みちのく風土館(栗駒岩ヶ崎上町裏12-1)
■入館料:大人300円、子ども150円
■問い合わせ先:みちのく風土館 TEL:0228-45-6161

 

七ヶ宿町

「第32回雪だるま・雪像コンテスト」

 
七ヶ宿の冬の風物詩「雪だるま・雪像コンテスト」。町民の方々が思い思いに作った個性豊かな雪だるまや雪像が、町を訪れる方々を歓迎します。

■日時:2月3日(土)・4日(日)
■場所:七ヶ宿町全域
■問い合わせ先:七ヶ宿町観光協会 TEL:0224-37-2177

 

村田町

「つつみ人形展示及び実演」

 
江戸時代から仙台に伝わる、伝統工芸堤人形。その製造実演・展示販売が行われます。江戸時代に作られた貴重な堤人形(非売品)は必見です!

■期間:2月9日(金)~12日(月・祝)
■場所:道の駅「村田」(村田町物産交流センター)
■問い合わせ先:村田町ふるさとリフレッシュセンター TEL:0224-83-5505

 

加美町

「食べ歩きスタンプラリー『ラーメンロード加美町』」

 
~2018年のスタートは加美町のラーメンから~
町内23店舗が参加する“ラーメン”の食べ歩きスタンプラリーを開催。期間中各店でラーメンを食べ、スタンプを集めて応募すると、3,000円~30,000円相当の特産品や町内温泉宿ペア宿泊券が抽選で54名に当たります。
ラーメンをこよなく愛する方、この機会に食べてみようという方も、家族や友達を誘って加美町を訪れてみては?
詳しくは加美町観光まちづくり協会HPで⇒http://www.k-tap.org/

■期間:1月12日(金)~3月15日(木)
■場所:加美町内23店舗 ※「ラーメンロード加美町」のぼりが目印
■問い合わせ先:加美町観光まちづくり協会 TEL:0229-63-8008
 



「やくらい林泉館『地酒を楽しむ会』」

 
県内有数の米どころ、水どころである加美町には、3つの蔵元(山和酒造、中勇酒造、田中酒造)があり、酒の町でもあります。3つの蔵元の酒、林泉館の料理長が自信をもって提供する肴の数々を是非味わってみませんか。

■日時:2月10日(土)18:00~
■場所:やくらい林泉館(加美町字味ヶ袋薬莱原1-70)
■参加費:6,000円(日帰り)※プラス4,000円で朝食付き宿泊に変更可
■定員:30名
■申込・問い合わせ先:加美町振興公社やくらい林泉館 TEL:0229-67-3688
 



「うめぇがすと鍋まつりin加美」

 
加美町の冬を「鍋」で満喫!
今年で18回目のイベント「うめぇがすと鍋まつりin加美」。約20団体が自慢の鍋料理を楽しめます。無くなり次第終了となりますのでお早めに!また、中新田地区の酒蔵3社を見学出来る「酒蔵訪問会」も同日に実施されます。(要当日申込)

■日時:2月11日(日・祝)10:00~
■場所:花楽小路イベント広場(七十七銀行中新田支店前)ほか
<スケジュール>
9:30 交通規制開始・酒蔵訪問会受付開始
10:00 オープニングセレモニー・酒蔵訪問会開始(1回目)
11:00 鍋販売開始
11:30 酒蔵訪問会開始(2回目)
13:30 うめぇがすと鍋まつり 終了
14:00 交通規制解除
■問い合わせ先:うめぇがすと鍋まつりin加美実行委員会事務局(加美商工会) TEL:0229-63-2734
 



「やくらいの親子学校」

 
加美町薬莱地区で「山のエナ爺」と楽しい雪遊びやスノーシューを親子で体験。雪遊びの後は温泉に入って「野菜の魔術師」と親子で冬ランチをつくって食べよう!

■日時:2月24日(土)9:00~
■場所:加美町薬莱地区(加美町字味ヶ袋薬莱原1-76)
■参加費:宿泊コース(1泊3食付)大人10,000円、子供7,000円
     日帰りコース 大人3,800円、子供3,300円
     ※どちらのコースも温泉が利用出来ます。
■定員:親子50名(宿泊先着7組)【申込締切:2月18日(日)まで】
■申込・問い合わせ先:加美町振興公社やくらい薬師の湯 TEL:0229-67-3388



※詳細は各イベントの「問い合わせ先」までお問い合わせください。
【ビズプロ編集部】