HOME > 出かける > 【2018年版】宮城県ひな祭りイベント

【2018年版】宮城県ひな祭りイベント

春の訪れを感じる節句行事と言えば「ひな祭り」。
今年も、県内各地でたくさんのひな祭りイベントが開催されます。春のお出かけにいかがでしょうか?
※開催日順にご紹介いたします。

雛の宴展【白石市】


 
春を告げる表情豊かな愛らしい木地雛が展示・販売されます。

■期間:2月3日(土)~3月4日(日)9:00~16:00
■場所:弥治郎こけし村(白石市福岡八宮字弥治郎北72-1)
■問い合わせ先:弥治郎こけし村 TEL:0224-26-3993

 

宮床歴史の村のひな祭り【大和町】


 
女流歌人 原阿佐緒(はらあさお)が幼少の頃に親しんだと伝えられている原家ゆかりの雛人形のほか、宮床に伝わる堤人形の内裏雛やつるし飾りが展示されます。3館同時開催で、期間中は折り紙雛人形と姉様人形の無料制作体験も行われます。

■期間:2月8日(木)~4月1日(日)9:00~16:00
※休館日:毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、2月13日・18日
■場所:原阿佐緒記念館、宮床宝蔵、旧宮床伊達家住宅
■問い合わせ先:原阿佐緒記念館 TEL:022-346-2925

 

白石・人形の蔵の雛まつり【白石市】


 
江戸時代の享保雛・古今雛をはじめ、江戸から昭和までの土人形も含め約100体の雛人形が展示されます。

■期間:2月10日(土)~4月8日(日)10:00~16:00
■場所:白石・人形の蔵(白石市城北町4-18)
■問い合わせ先:白石・人形の蔵 TEL:0224-26-1475

 

壽丸屋敷のほっこりおひなさま展【白石市】


 
大正時代から昭和中期のおひなさまのほか、つるし雛や手作りおひなさまが展示・販売されます。

■期間:2月16日(金)~3月11日(日)10:00~16:00
■場所:壽丸屋敷(白石市中町48-5)
■問い合わせ先:壽丸屋敷 TEL:0224-25-6054

 

企画展「雛人形」【角田市】


 
伊達政宗公御息女・牟宇姫(むうひめ)が角田三代館主石川宗敬公にお輿入れした時に持参したと伝わる雛人形を展示。高さ45cm、幅66cmの大きなサイズのお雛さまは全国的にも珍しく、貫禄と気品があり見応え十分です。

■期間:2月17日(土)~3月18日(日)9:00~16:30
■場所:角田市郷土資料館(角田市角田字町17)
■問い合わせ先:角田市郷土資料館 TEL:0224-62-2527

 

大人のための貝びなづくり【多賀城市】


 
3月3日の桃の節句にちなみ、ハマグリの貝殻に布や和紙を貼り重ねて、一対の内裏雛(だいりびな)を作ります。

■日時:2月24日(土)9:30~11:30/13:30~15:30
■場所:多賀城史遊館(多賀城市中央二丁目25番5号)
■問い合わせ先:多賀城史遊館 TEL:022-368-3127

 

第7回かくだ牟宇姫ひなまつり【角田市】


 
つるし雛の展示や、着物を着て街中を巡る姫変身など多くのイベントが行われ、市内商店街はひな祭りの華やかな雰囲気に彩られます。

■期間:3月3日(土)・4日(日)10:00~15:00
■場所:角田市中心商店街 ほか
■問い合わせ先:第7回かくだ牟宇姫ひなまつり実行委員会(事務局:角田市商工観光課) TEL:0224-63-2120

 

むらた町家の雛めぐり【村田町】


 
江戸時代、紅花交易によって上方からもたらされたおひなさまが、春弥生に商家の蔵や座敷に飾られ、現在まで大切に受け継がれてきました。享保雛・古今雛など上方文化を彩るおひなさまから現代雛まで飾られます。春の日差しの中で、蔵の町をのんびり歩きながら楽しんでみては?四季折々の村田町の魅力を写した写真展も同時開催されます。

■期間:3月24日(土)・25日(日)10:00~16:00
■場所:村田町中心部蔵の町並み、歴史みらい館
■問い合わせ先:村田町歴史みらい館 TEL:0224-83-6822

 



※詳細は各種イベントの「問い合わせ先」までお問い合わせください。


【ビズプロ編集部】