HOME > 育てる > 【子育てママ応援コラム第13話】自己評価通りになってしまう

【子育てママ応援コラム第13話】自己評価通りになってしまう

パフォーマンス・エンハンスメントコーチ、林 健太郎氏による―子育てママ応援コラム―
第13話は「自己評価通りになってしまう」。

子どもの才能を伸ばす為に必要な事とは?

プロ野球の沖縄キャンプに参加してきました。

そこで感じたのが、甲子園で活躍していた選手は、高校時代は「スゴい人」として扱われ、脚光を浴びていたワケですが、いざプロに入るとファンの人は新人に対しては見向きもしない…

他の活躍している選手にファンは群がっているので、高校時代とは真逆の立場になってしまいます。

そこで「自分には場違いではないか」と萎縮してしまう人は、結局活躍出来ずに早々に辞める事になってしまいます。

何が言いたいかというと、才能があっても自分で限界を作ってしまえば、現実もその自己評価通りになってしまうという事です。

でもこれは自分ではなかなかコントロール出来ない事です。
周りの人が支えてあげる事で力を発揮出来るようになります。




私たちコーチは、その役割を担っているのであり、子どもにとっては親がコーチの存在になるワケです。

ですから、子どもの才能を伸ばすのに一番大切な事は、子どもの自己評価を上げる事なのです。


【子育てママ応援コラム第12話はこちら】
 

著者


 
林 健太郎
株式会社CROSSOVER 代表取締役
パフォーマンス・エンハンスメントコーチ(パフォーマンスを最大化する)

認知科学をベースとしたコーチングを展開し、
プロスポーツ選手や企業・学校・個人に対してマインド(脳と心)の使い方を教えている。

・思い通りの結果を出す脳の使い方
・成長を加速させる子供や部下との関わり方
・お客さんに「あなたから買いたい」と言わせる逆指名の営業術
・努力をせずに簡単に痩せられる脳の使い方
などの講座を行なっている。

Facebook:https://www.facebook.com/kentaro.hayashi.900
Instagram:coach.kentaro(林健太郎)



 
著書「コーチング営業」 【購入はこちらから】