HOME > 食べる > キャベツ級の大きさ!?仙台の洋菓子店が作る巨大シュークリーム

キャベツ級の大きさ!?仙台の洋菓子店が作る巨大シュークリーム

今回はジャンボなスイーツ情報をお届け!
夢の巨大シュークリームが食べられるお店が仙台市内にあるってご存知でしたか?どうやらシュークリームの名前は「仙台キャベツ」と言うらしい…。シュークリームなのにキャベツってどういう事!?気になるので取材してきました。

創業50年以上!仙台の老舗洋菓子店「らんぶる洋菓子店」



 
 
巨大シュークリームを販売しているというのが、仙台市泉区南光台にある「らんぶる洋菓子店」。生菓子から焼き菓子まで常時50~60種類と品揃えも豊富♪お子さんからお年寄りまで幅広い世代に長年愛され続ける地元の洋菓子店です。
 


 
店内にはイートインコーナーがあり、コーヒーや紅茶を飲みながらスイーツを楽しむ事が出来ます。
買ったケーキをその場で食べるのも良し、ケーキ一品(350円までのケーキ)とドリンク(コーヒー・紅茶・ハーブティーのいずれか)のセットもあるので、お友達とのんびりカフェタイムを過ごすのにもおすすめですよ。

また、デコレーションケーキの当日注文も可能。10分ほどで作ってくれるので、バースデーケーキの予約を忘れてた…!という時に嬉しいですよね♪

 

通常の約3倍!?巨大シュークリーム「仙台キャベツ」の正体とは…

いよいよ気になる「仙台キャベツ」の登場です!

 
▲「仙台キャベツ」 480円(税込)


包装紙に包まれた姿を見るだけでも圧倒的な存在感ですが、中身を出してみると…
 



 
ボリューム満点のシュークリームが!!高さは8~9cmほど。
手のひらと比較してみても、その大きさが良く分かります。



 
断面を見てみると、カスタードクリームがこれでもかとぎっしり詰まっています!あまりにもクリームの量が多いので、中身が出てこないように外のシューは厚め、固めに作るのがこだわりなのだそう。

ここで気になるのが「仙台キャベツ」という名前の由来です。
シェフの菊地亮さんに聞いてみたところ、シュークリームの『シュー』はフランス語でキャベツという意味だそうで、そこから「仙台キャベツ」という名前を付けたそうです。確かに、見た目も大きさもキャベツのように見えるかも…!?

巨大シュークリームを作るポイントは「ノリと勢い!」と菊地さん。シュー生地もカスタードクリームもとにかく練って練りまくるのだそうです。口どけの良いクリームとパリパリのシュー生地のバランスは、まさに職人技。
大きさだけではなく味にもこだわった「仙台キャベツ」を目当てに、わざわざ遠くから訪れるお客さんも多いのだそう。


 
この他にもらんぶる洋菓子店では「バケツプリン」(※3日前まで要予約)や「メガティラミス」など “巨大な”スイーツが盛りだくさん!


▲「バケツプリン」 2,500円(税込)


自分へのご褒美にはもちろん、お土産にもきっと喜ばれるはずです♪
子どもの頃一度は夢に見たであろう、食べきれないほどの巨大スイーツ。その夢を叶えに「らんぶる洋菓子店」を訪れてみては?


【ビズプロ編集部】

 

取材協力

らんぶる洋菓子店
住所:仙台市泉区南光台4丁目10-1
TEL:022-271-7138
営業時間:9:00~19:30
定休日:無休