HOME > 育てる > 【コラム】子供とのバスタイムをよりハッピーにする10の方法

【コラム】子供とのバスタイムをよりハッピーにする10の方法


【※FQ JAPAN onlineより転載】

子育て先進国UKのパパたちが読んでいる記事から、日々の子育てのヒントが見つかるかも? 第9回は、「10 tips to help dads enjoy baby’s bath time(子供とのバスタイムをよりハッピーにする10の方法)」をご紹介。

1.準備はオッケー?

実際に体験するまでは想像もできないだろうが、実際に親になってみると、赤ちゃんをお風呂に入れることは全くもって容易ではないことに気づくだろう。いったんお風呂に入れてしまうとそれに集中しなくてはならないし、3本目の手が生えてくるわけでもないので、入浴前にすべての準備を済ませる必要がある。また一瞬たりとも赤ちゃんから目を離してはいけないので、もし隣りの部屋に忘れ物などをした場合は、濡れた赤ちゃんを抱えたまま取りにいかなくてはならない。これはあなたと赤ちゃんの両方を不快にさせることだろう。バスタイムがスムーズに進むように、周到な事前準備はマストなのだ。

2.膝を守ろう

あなたが洗い場にいて赤ちゃんだけを浴槽に入れる場合、浴槽に寄りかかると背中に負担がかかるが、膝にも気をつける必要がある。(背中を傷めないために洗面台で赤ちゃんをお風呂に入れる人もいる)。体に負担がかかると気が散り、本来楽しいはずのものも楽しめなくなることは当然のこと。浴室の床は固いことが多いので、タオルを下に敷くなどして、少しでも膝への負担を減らそう。

3.温度チェック

赤ちゃんにとって適切なお湯の温度は36度から38度の間。心配ならお風呂用の温度計を買ってもいいし、肘をお湯につけるという簡単な方法もある。肘部分の皮膚は非常に敏感なので、赤ちゃんのお湯の体感温度を自分で感じることができる。どちらの方法でもいいが、赤ちゃんをお風呂に入れる前は温度をチェックを忘れずに。浴槽のお湯は冷めやすいので、洗うのに時間がかかるようなら随時お湯を継ぎ足すこともお忘れなく。


この続きは、「FQ JAPAN 男の育児online」でお楽しみください。

 

取材協力

FQ JAPAN 男の育児online
☆雑誌社からのコメント☆
雑誌『FQ JAPAN』2017年冬号[VOL.45]12/1発売(定価500円)



 
 

この記事のタグ