HOME > 食べる > 猫のドーナツが可愛い♡仙台のドーナツカフェ「Cafe nijineco」

猫のドーナツが可愛い♡仙台のドーナツカフェ「Cafe nijineco」

2月22日は「猫の日」。
見て可愛い、食べて美味しい“猫ドーナツ”が食べられる「Cafe nijineco(カフェにじねこ)」さんを取材してきました!

思わず笑顔になる、ふわふわモチモチの手作りドーナツ


 
仙台市太白区東中田の国道4号仙台バイパス沿いにある「Cafe nijineco(カフェにじねこ)」は、宮城県内では珍しいドーナツ専門のカフェ。元々ドーナツ作りが好きだったというオーナーの佐々木まゆみさんが、「陽だまりでくつろぐ猫のように、ゆったりとした時間を過ごしてもらいたい」と2014年5月にお店をオープンしました。 

お店のドーナツは、すべて佐々木さんの手作り。
材料は出来るだけ国産のものを使うのがこだわりだそうで、イースト菌を使って長時間熟成させた生地はふんわりモチモチの食感♪
どんなトッピングとも合うように作られています。


きな粉やシナモンをまぶしたシンプルなドーナツや、華やかなトッピングが楽しいデコドーナツ、季節限定のドーナツなど、常時20種類の商品が毎日ショーケースに並びます。どれにしようか迷っちゃう~♪


中でも一番人気の商品が、猫の形をした「ドラナツ」

 
▲「ドラナツ」1個270円(税込)

見てください!この何とも言えない表情…♡食べるのがもったいないほどの可愛さです♪

佐々木さんに「ドラナツ」誕生のキッカケを聞いてみたところ、意外にもオープン当初から販売していなかったそうで、常連さんの『(お店の名前にも入っているし)猫のドーナツを作ってみたら?』という声から生まれたとの事。味はチョコレートとキャラメルチョコレートの2種類。手作りだから一つ一つ顔も違います。自分のお気に入りの猫ちゃんをお持ち帰りしてくださいね。

 

出来立てドーナツを店内で♪


 
▲イスとテーブルは、全て佐々木さんのご主人の手作りだそう!


テイクアウトするのも良いですが、出来たてのドーナツと飲み物を店内でゆっくり味わうのもおすすめです♪

 
▲「にじネコセット」842円(税込)

温かいドーナツにアイスとシロップをかけた「にじネコセット」や、ベーコンとチーズをのせた軽食向けのドーナツ「チーズトーストセット」などカフェメニューも充実(いずれもドリンク付き)。
この他にも、ドーナツの穴にクリームを入れて凍らせた新感覚のドーナツ「フローズンブリュレドーナツ」やショーケースのドーナツも店内で食べられますよ♪

 
▲「フローズンブリュレドーナツ」1個324円(税込)

ドーナツと一緒に味わう飲み物は、お店オリジナルの「nijinecoブレンドコーヒー」がおすすめ。仙台市青葉区米ヶ袋にある自家焙煎「珈琲まめ坊」にお店のドーナツに合うようブレンドしてもらったものだそうで、コーヒーのコクもしっかり感じながら、ドーナツの味をさらに美味しく深めてくれます。

 
▲「ホットチョコレートスプーン」216円(税込)

「ホットチョコレートスプーン」は、冬季限定の特別メニュー。熱々のミルクに入れてクルクル回すだけで、ホットチョコレートが出来ちゃいます♪よ~く見てみると、チョコレートもドーナツの形をしているんですよ!細かい所まで、さすがです♡

 

ハンドメイド雑貨も販売しています



 
 
店内の一角には、ハンドメイドの雑貨がずらり!知り合いの作家さんの作品を委託販売しているのだそうです。
アクセサリーや置物、消しゴムはんこなど…やはり猫をモチーフにした雑貨が多いですね!猫雑貨を求めてわざわざ訪ねるお客さんも多いとの事。
プレゼントにハンドメイド雑貨と手作りドーナツを一緒に贈るのも素敵です♪


可愛らしい猫のドーナツに猫雑貨…「Cafe nijineco」はまさに猫好き必見のお店です!
ほっこりとした優しい味わいの手作りドーナツを食べながら、のんびりとした時間を過ごしてみませんか?


【ビズプロ編集部】

 

取材協力

Cafe nijineco(カフェにじねこ)
住所:仙台市太白区東中田2丁目29-12
TEL:090-7563-8721
営業時間:10:30~17:30(※ドーナツが無くなり次第閉店)
定休日:月曜日・火曜日(他定休日あり)
Facebook:https://www.facebook.com/cafe.nijineco
Instagram:@CAFE_NIJINECO