HOME > 買う > 【今日は猫の日】いろんな「ネコ本」集めてみました!

【今日は猫の日】いろんな「ネコ本」集めてみました!

本日、2月22日は「猫の日」!『ニャン(2)ニャン(2)ニャン(2)』という猫の鳴き声の語呂合わせにちなんだものだそうです。
猫カフェや猫グッズなど、近年の猫人気は凄まじいものがありますよね。本屋さんに行っても猫を取り扱った本のコーナーがあるほど!
そこで今回はヤマト屋書店仙台三越店協力のもと、いろんな「ネコ本」を紹介しちゃいます♪

絵本編

「ねこだらけ」 1,300円(税抜)



 
 
表紙からすでに“猫だらけ”!
ページをめくれば猫、猫、猫。実在の猫はもちろん、世界の民族衣装を着た猫や日本の猫、さらには空想上の猫まで、なんと400匹の猫が登場します!
1匹ずつじっくり観察したり、自分に似ている猫を探してみたり…大人も子どもも楽しめる一冊です。
 



「いらないねこ」 1,400円(税抜)



 
 
絵本作家・ヒグチユウコさんによる人気絵本「せかいいちのねこ」に続く、猫のぬいぐるみ“ニャンコ”の新作です。捨てられた子猫を「おとうさん」になって愛情いっぱいに育てる“ニャンコ”と、それをあたたかく見守る優しい猫たちの感動の物語。
繊細なタッチで描かれるシュールで可愛い猫のイラストに、大人も夢中になる事間違いなし♪

 

コミック編

「ねことじいちゃん」 1,000円(税別)

 
ばあさんに先だたれ、猫のタマと二人暮らしの大吉じいちゃん。ひとりと一匹が繰り広げる、毎日が愛おしくなる四季折々の暮らしを描いたコミックエッセイ。癒されたい方必見です!

 

写真集編

「ねこかぶり」 840円(税抜)



 
 
飼い猫の抜け毛が帽子に変身!?Instagramで約7万人のフォロワーを持つrojimanさんによる作品が一冊の写真集になりました!
おしゃれな帽子をかぶる猫たちの表情にも注目です♡

 

小説編

「鯖猫(さばねこ)長屋 ふしぎ草紙」 780円(税抜)

 
江戸の根津宮永町に、鯖縞模様の三毛猫が一番いばっている長屋がありました。人呼んで「鯖猫長屋」。この美猫の名前はサバ。
炊きたての白飯しか食べないわがままものの猫様が仕切る長屋に、訳ありの美女や怪しげな浪人物が越してきます。次々に起こる不可解な事件に、途方に暮れる長屋の面々。謎を解くのは、一体誰!?心がほっこりあたたまる、大江戸謎解き人情ばなしです。
 



今回ご紹介した本以外にも「ネコ本」、まだまだあります!
お気に入りの一冊を探して、癒されてみてはいかがでしょう?


【ビズプロ編集部】

 

取材協力

ヤマト屋書店 仙台三越店
住所:仙台市青葉区一番町4-8-15 仙台三越定禅寺通り館地下2階
TEL:022-393-8541
営業時間:10:00~22:00
URL:http://booksyamatoya.co.jp/mitsukoshi/



 

この記事のタグ