HOME > 食べる > 春限定!白石温麺×桜のコラボ「さくら温麺」

春限定!白石温麺×桜のコラボ「さくら温麺」

宮城名物「白石温麺」を製造するはたけなか製麺(白石市)では、3月1日より春限定商品『さくら温麺』を発売!
白石温麺×桜…、一体どんな味なのでしょうか?

「さくら温麺」の誕生のキッカケ


 
1890(明治23)年創業、120年以上の歴史を誇るはたけなか製麺では、太い一本の麺を“延ばしてはまた延ばし”を丁寧に繰り返して極細にする伝統的な「手延べ技法」を活かした商品づくりをされています。

これまでにバジルを練り込んだ『バジル温麺』や食塩不使用の『無塩温麺』など様々な商品を開発してこられましたが、2016年、お客さんの声から新しく『さくら温麺』が生まれました!

ほんのりピンク色の麺が春を連想させてくれますが、見た目だけではありません。袋を開けると、芳醇な桜の香りが広がります。気になるお味は、桜風味を味わいつつも手延べのコシと滑らかなのど越し!はたけなか製麺の佐藤さんによると、ストレートにつけつゆでそのまま食べるのがおすすめとの事。春限定の商品ですので、気になる方はお早めに!

価格は1袋(90g)259円(税込)。はたけなかオンラインショップ、はたけなか製麺本社売店(白石市大手町4番11号)で購入出来ます。


一口食べれば春気分♪
この時期だけの限定商品『さくら温麺』を是非一度ご賞味あれ!


【ビズプロ編集部】

 

取材協力

はたけなか製麺株式会社
住所:白石市大手町4番11号
TEL:0224-25-0111(代表)
URL:http://www.hatakenaka.jp


この記事のタグ