HOME > 育てる > 【パパコラム第96話】春だから息抜きを大切に

【パパコラム第96話】春だから息抜きを大切に

パパの活躍は家族のカナメ-笑顔溢れるパパのススメ-
第96話は「春だから息抜きを大切に」。

疲れが溜まりやすい新年度は「休むこと」も重要です


 
新年度に入り、環境が変わる時期になります。子ども達は学年が新しいクラスになり、大人達は職場で人事異動もあります。PTAや町内会も役員が変わって身の回りの関わる人たちが変化していきます。自分自身に関わりが少なそうな人でも、人が変わるだけで気を遣うようになり、知らず知らずのうちに疲れを蓄積させてしまいます。体の疲れは寝たりゆっくりすれば癒す事が出来ますが、心や気持ちの疲れまで癒すには時間もかかるし、休める方法も知っておく必要があります。

心や気持ちが疲れると、物の見方や聞こえ方が変わってきます。春の清々しい晴れた空も、眩しすぎて嫌になる時もあります。ママから頼まれたゴミ捨ても、元気な時は素直に出来ていたのに「疲れているのに嫌だなぁ」という不満が出てくる事もあります。長くこの状況が続いてしまうと、ちょっとした事も嫌になるように変わってしまいます。そうなる前に心身共に休む事をオススメします。


 
まずは何より体を休めましょう。その為には、いつもとどこが違うのか体をよく観察する時間を作ります。いつもより甘いものが食べたくなるとか、ちょっと寝る時間が遅くなっているとか、ご飯の量が変わったとか、そういった少しの変化を見つけます。食べる事であれば控えてみる。寝る時間であれば意識して早く寝る。そして不調を早めに整える事を目指します。気持ちを整えるには好きな音楽を聞いたり、体を動かしたり、散歩したりするのが良いでしょう。実は深呼吸する事が結構効果的です。深呼吸する時、体のどこに空気が入ってくるのか、どこが動いているのか感じる事で気分も整ってきます。最近、注目されている「マインドフルネス」にも通ずるものがあります。
心身ともに健康あってこそのパパの笑顔です。生活を楽しむ為にも充実した休息を大切にしましょう。

 

【パパコラム第95話はこちら】
 

著者

NPO法人ファザーリング・ジャパン東北
工藤 賢司

2011年3月の東日本大震災をキッカケに地域貢献を決意して活動を開始。
NPO法人ファザーリング・ジャパン東北の代表を努め「日本で一番、働きたくなる街、みやぎ」の創造を目指している。
現在は、
・イクメン、イキメン、イクボス講座
・働き方改革の指導
・家族間のコミュニケーションアップ
 など講演を行っている。
Facebook:https://facebook.com/kudo.coach
ファザーリング・ジャパン東北:http://fjtohoku.jp/



 

この記事のタグ