HOME > 育てる > 【パパコラム第98話】パパの健康は家族の健康

【パパコラム第98話】パパの健康は家族の健康

パパの活躍は家族のカナメ-笑顔溢れるパパのススメ-
第98話は「パパの健康は家族の健康」。

自身の健康や生活習慣を振り返ってみよう

最近、健康に気をつけるようになりました。キッカケは洋服が少しきつくなってきた事。春になってスーツを入れ替えてみると、着られるのですがちょっとキツイのです。皆さんはありませんか?糖質を気にして減らしてみたり、少し運動してみたりと無理のない範囲でダイエットを始めてみました。正直に言うと、今に始まった事ではありません。2〜3年前から体重が増えていたのですが、気にしていませんでした。自分の健康なのになおざりにしていたのです。どうしてそうなったかを考えてみました。


 
思い起こせば、体重が増えだした頃は仕事も上手くいかなくて、思ったように進める事が出来ずに苦労していました。それでも気を張っていたり、頑張ろうと空元気を出したりして、無理をしていたのだと思います。しかし体は正直で、甘いものを食べたくなったり、眠れなくなったりと無理をしているサインを出していたのだと思います。サインに気づいていればその時に対処出来ていたのですが、無理して毎日の仕事、生活をこなす事で精一杯で、平気なフリをしていたのだと思います。

体の疲れをそのままにしていると、考え方も良くない方向にいきます。体調が悪い時にイライラしやすくなったりする事と一緒です。疲れを無視して長い期間無理をすると考え方が悲観的になったり、人の事を悪く言いたくなったりします。悪循環が始まってしまいます。仕事では頑張れるのですが、家庭では頑張りが効かなくなる事もあったと思います。身体は一つなので、健康は大切にして、気にしてほしいと思います。

家族も一緒です。子どももママも疲れて無理していると、何かのサインを出しています。いつもより話が多くなったり、たくさん食べるようになったりします。パパとしても心身ともに健康で気持ちに余裕のある生活を送る事で、家族の健康にも気を配る事が出来ます。家族の心身の健康はパパ自身の健康から始められます。パパの健康が悪くなると、家族の健康を害する事もあります。仕事が忙しく健康を気にする時間が取れないかもしれませんが、1日3分でもいいので、体の様子を見つめてみてはいかがでしょうか?


 

【パパコラム第97話はこちら】
 

著者

NPO法人ファザーリング・ジャパン東北
工藤 賢司

2011年3月の東日本大震災をキッカケに地域貢献を決意して活動を開始。
NPO法人ファザーリング・ジャパン東北の代表を努め「日本で一番、働きたくなる街、みやぎ」の創造を目指している。
現在は、
・イクメン、イキメン、イクボス講座
・働き方改革の指導
・家族間のコミュニケーションアップ
 など講演を行っている。
Facebook:https://facebook.com/kudo.coach
ファザーリング・ジャパン東北:http://fjtohoku.jp/


この記事のタグ