HOME > 育てる > 【コラム】怒ると逆効果!? 子供を叱る時に大切なポイントとは

【コラム】怒ると逆効果!? 子供を叱る時に大切なポイントとは


【※FQ JAPAN vol.23 より転載】

時々、子供を叱る時、怒って感情のコントロールを失い、ろくに子供の目も見ないで怒鳴り散らしてしまうことがある。しかし、それでは大事なことは伝わらない。それどころか、その叱り方はもはや子供に逆効果。正しい叱り方を知って、育児の悩みを1つ減らし、子供との関係も良好にしていこう。

 

大切なのは
「目を見て伝える」こと


 
怒って感情のコントロールを失うと、ろくに子供の目も見ないで怒鳴り散らしてしまうことがある。しかし、それでは大事なことは伝わらない。気に食わないことがあると、ぎゃーぎゃーわーわーわめき散らすヒステリー上司を思い浮かべると、それがいかにみっともないことかわかるだろう。そんな人の言うことをまじめに聞こうとは誰も思わない。子供だって同じだ。ただ怒り散らし、エネルギーを暴発させているだけの自分に気づいたら、iX-MENに変身しよう。

iX-MENが子供を叱るときは、しっかりと子供の目を見据えて叱る。瞬き1つできないほどの迫力で叱る。ただし、子供を怯えさせてはいけない。まっすぐに、射るような視線で子供の目をのぞき込むのは、恐怖で子供を支配するためではない。自分が真剣であることを、まっすぐに伝えるためだ。大声は必要ない。目は口ほどにものをいうからだ。

ダラダラと説教を続ける必要もない。「自分が本気であること」は、言葉を並べなくても、気迫だけで伝わるからだ。そして、一番伝えたいことだけを伝える。そうすればストンと子供の腹に落ちるのだ。

 

※ありがちなNGパターン

・叱るときに目を見ていない
→叱っている親の方が感情に流されていると、こうなる。叱っているときはしっかり子供の目を見よう。

・「ながら叱り」してしまう
→「パパは忙しいんだから」などといいながら、別のことをしながら叱っても大切なことは伝わらない。

・恐怖ばかりを伝えてしまう
→伝えるべきは恐怖ではなく、真剣さ。冷静でも、まっすぐな眼差しでのぞき込めばそれが伝わる。


同じ過ちを繰り返さないためには?
この続きは、「FQ JAPAN 男の育児online」でお楽しみください。
 

取材協力

FQ JAPAN 男の育児online

☆雑誌社からのコメント☆
雑誌『FQ JAPAN』2018年 春号[ VOL.46 ]3/1 発売 (定価 500 円)


 


 
 

この記事のタグ